つぶやき強制法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

つぶやき強制法 は、かつてアルニーダ党に存在した法律である。

2008年12月、Arunida mobileのアクセス数が停滞した際、更新頻度の低さが原因だとして評議会が制定した。

実際の条文は残されていないが、過去の資料からその内容がやまもる。に毎日のつぶやき更新を強制するものだったことがわかる。

それほどの効果が発揮されなかったことから、改正され、 つぶやき新法 となったが、これはカダヒーにもつぶやき更新を強制する内容だった。

最終的には、やまもる。とカダヒーが サボタージュ による抵抗を行い効果がなくなったことから、ひび太が毎日のつぶやき更新ではなく週3回などの最低ライン設定という譲歩案を提示したところ、両者は抵抗をやめたが、結局改正前にヴォルデユート新党結成事件が発生し、これによりアクセス数は300を突破した。

その後、つぶやき新法は廃された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。