アルニーダ帝国

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルニーダ帝国(Arunidan Empire)は、かつて湘南地域に存在した国家。

2009年3月3日に建国され、同年5月16日に崩壊した。

概要

アルニーダ党の解散に伴い、建国された独裁国家。

アルニーダの二つ目の形態。


皇帝:巨匠


首都:アルニーダングラード・マハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーアユタヤーマハーディロックポップ・ノッパラッ・ラチャタニーブリーロムウドムラチャニヴェード・マハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティットサッカタッティヤキョショーカッムプラシット(Arunidangrad Mahanakhon Amon Rattanakosin Mahinthara Ayuthaya Mahadilok Phop Noppharat Ratchathani Burirom Udomratchaniwet Mahasathan Amon Piman Awatan Sathit Sakkathattiya Kyoshokam Prasit )

人口:28名

公用語:日本語、アルニーダ語

内政

アルニーダ党の体質を受け継ぎ、基本的には恐怖政治を行っていた。

ただし、特筆すべき政策はこれといって存在しない。

外交

アルニーダ帝国の外交政策は、日亜同盟を基軸としていた。

帝国の三方を囲む日本の存在は重要であり、ひび太と麻生首相は個人的な親交も深かったといわれる。

当然、間接的には米国とも協調していたことになる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。