南知帝国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

南知帝国は、かつて茅ヶ崎に存在した国家である。皇帝はアグァータ

概要

アグァータによる独裁国家。

人口や建国年月日、滅亡の理由等ほとんどの情報が謎に包まれている。

南知帝国国防軍アルニーダ党の支援を受け、バナナ兵器の開発・運用に尽力していた。

あまり知られていないが、 アルニーダ帝国政府本部 とされていた大審院長(Keith)宅は、元々 南知帝国宮殿 であり、中でも政党時代からアルニーダの活動拠点の一つであるKeithの私室は 南知帝国宮殿松の間 だった。

歴史

南知帝国の歴史はほとんどが謎だが、その建国の経緯については資料が残っている。

アルニーダ党発足に伴い、アルニーダ党員それぞれのアルニーダネームを決定する必要があった。その過程で、現在のKeithは、「血液型はA型なのに、全くA型らしい要素がない」という理由から なんちゃってA型なんちってA型なんちってAgata南知帝アグァータ と無理矢理名づけられた。

そして、 「南知帝がいるのに南知帝国がないのはおかしい」 との理由から南知帝国が誕生したのである。

一時期藤沢アルニーダ大公国辻堂王国と戦争状態に陥った。

南知帝国がいつ滅びたかは全くの謎であるが、少なくとも茅ヶ崎がアルニーダ帝国の領土であったことから、2009年3月3日までには滅亡していたと考えられる。また、ダークコニチャンマンの乱時点で アルニーダ軍 の存在が確認されている点から、この時点で滅亡していたとする説もあるが、この「アルニーダ軍」が南知帝国国防軍の別称であるとする説もあり、専門家の間で意見が割れている。

軍事

南知帝国国防軍 は、世界有数の軍隊とされ、アルニーダ党と共同で運営されていた。

アルニーダ党の世界征服に利用する計画があり、事実上のアルニーダ党軍だったともいえる。

世界の軍隊で唯一(当時)バナナ戦闘機F-877Nバナナミサイル等のバナナ兵器を保有しており、最終的には核バナナも開発していた。バナナ兵器は、アルニーダ党の世界征服計画の軸となる戦力であり、陸軍の装備も東南アジアのバナナ農園を確保するのに有効な編成になっていたといわれる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。