※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パラティヌス



ギアス嚮団が独自に開発した、ナイトメアフレームとモビルスーツとも異なる新機種「パラディンフレーム」の試作第一号機。
<アポストル>のメンバーのみに与えられる機体で、アポストルの能力に合わせて一般的な量産機より高い性能を与えられている。
また、隠密任務に携わることが多いため、アームスレイブが持つECS(電磁迷彩システム)を搭載している。

最大の特徴は、AXELと呼ばれる加速装置で、数秒程度であるがトランザム以上の超加速を実現する。ただしあまりに急激な加速故、生身の人間はそのGに耐えられず、改造人間であるアポストルのみが使用できる。アポストルが使った場合、加速後に少々頭が痛くなる程度。
主な武装は、背部のフライトユニットに内蔵された「ファング」と同様の遠隔攻撃デバイス「フェザー」、円形の有線式メタルブレード「スラッシュハーロゥ」に、振動実体剣「ヴァイブロブレード」を装備している。ヴァイブロブレードの鞘はコイルガンとしても使用できる。
性能的には、ヴィンセントやアヘッドと同程度。
カラーリングは、ベネティクティン機の淡黄色、スコラスティカ機の水色。
後に「トラクトゥス」として量産される。


<特殊能力>

ECS
AXEL

<武装>

フェザー×6
スラッシュハーロゥ×2
スカバード・コイルガン:鞘に内蔵されたコイルガン
ヴァイブロブレード

<技>

クロス・スティグマ:
ヴァイブロブレードで、敵機を瞬時に十字に切り裂く。

ツイン・クロス・スティグマ:
スコラスティカ機との合体攻撃。

アヴェ・レジーナ・チェロールム:
フェザーで集中砲火を浴びせた後、スラッシュハーロゥ、コイルガンで追撃し、ヴァイブロブレードで十字に切り裂き、とどめを刺す連続攻撃。
ベネディクティン機のみが持つ。



パラティヌス・ノクト


パイロット:ベネディクティン=アンセム、スコラスティカ=アンセム


真っ黒に塗装された、夜間戦闘用の機体。武装や機能は通常機と変わらない。