スコラスティカ=アンセム


性別:女性
年齢:15歳
搭乗機:パラティヌス、パラティヌス・ノクト、アンティフォナパラティヌス・アンティフォナサンクトゥス、その他各種ナイトメアフレーム、モビルスーツ

主人公その2。愛称はスティ。
ギアス嚮団に拾われた元・戦災孤児で、
ギアスに関する特殊な適性を持っていたため、姉と同じく<アポストル>に改造される。
藍色のボブカットの少女で、活発で行動力があるタイプだが、目上の人には礼儀正しい。
姉のことは「お姉」と呼ぶ。過保護な姉を鬱陶しがっているようで、実は慕っている。優しい性格だが、必要に迫られれば、時として姉以上の冷酷さを見せることも。
姉と同じくアッシュフォード学園に通っており、ナナリーとは同級生で仲が良い。
機械に対しては造詣が深く、機体のメンテナンスは姉のものも含めて全て一人でこなす。
まるで友人のように機械に接し、AIの気持ちを理解し、すぐに仲良くなる特技を持つ。


その正体とは……
+...
(ネタバレ情報)

過去から贈られたタイムマシン、アンティフォナのコアシステムで、
歴史を変える任務を背負ったアンドロイドである。

到着した際の衝撃でアンティフォナと離れ離れになってしまい、
自身もプログラムに深い損傷を負う。
任務を遂行する為の容姿と人格データもほぼ失われてしまったため、
やむなく近くにいる人間のデータをコピーすることになる。

ちょうど傍にいたのが、戦争の爆撃に巻き込まれ、
間も無く死に行こうとしているスコラスティカであった。
彼女の容姿と記憶をコピー。
生きていたように見せかけて、姉の前に姿を現し、
これ以降、『べネディクティンの妹』として振舞っていくことになる。

そうしていく内に、故障の影響もあってか、
やがて自分を本当の妹であるかのように思い込み、
任務の事は徐々に忘れ去ってしまう。

だが、ある事件をきっかけに記憶が蘇り、
『アンティフォナのコアシステム』としての能力に目覚め、
アンティフォナを呼び寄せることが出来るようになる。

だがそれは、自分は『スコラスティカの偽物』であるという
真実を知ることであり、既に人間に等しい自我に目覚めていた「彼女」は、
自信が偽物である事と、姉を騙している罪悪感に苦しむことになる。

姉に拒絶されることを恐れるあまり、長い間真実を言い出す事は出来ず、
姉に嘘を吐きながら、本来の任務を果たす為に動くことになる。

しかしある時に、姉を庇って負傷した際、自身の真実を知られてしまい、
恐れていた通り、姉に拒絶されることになってしまう。

そのことに深く傷つき、一時は積み上げた人格の全てを消去することも考え思い悩むが、
後に再会した姉に、「自分もまた、何年も一緒に過ごしてきた、もう一人の妹」として受け入れられたことで、
機械と人間の狭間である自分の存在を全肯定。
製作者ですら予見できなかった、アンティフォナの更なる進化をを促すことになる。→サンクトゥス