※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別
年齢 29歳
身長・体重 167cm・55kg
スリーサイズ 87/60/88
搭乗機 SUDDEN DIVER「スターチス」
所属 AAF 特殊部隊「レイヴン」
CV --

「レイヴン2、ミッション開始。ターゲットを一掃する」
「……ここに来ると、心が落ち着くんだ。なぜかな」
「命を懸けることも、死ぬことも構わない。でも、自分が負けることだけは絶対に嫌だ。
 レイヴンっていうのは、そんな連中の集まりなんだよ」

AAF最強部隊「レイヴン」の一人。階級は中尉。コールサインは 「レイヴン2」
レイヴン隊創設時からのメンバーで、鈴理にとっては先輩格にあたる。
歴戦の勇士であるためか一定の敬意を払われている。また、歳の離れたよき友人でもあり、いつも仏頂面の鈴理が表情を綻ばせる数少ない相手。隊の性質上ほとんど会う機会はないが、たびたびメールなどで連絡を取り合っている。
レイヴンにしては珍しく協調性のある人間であることでも知られる。

かつては地球や人類のためにと戦っていたが、自分達が 力及び過ぎた ために、地球の人々がイクリプスとの戦争への危機感を失い、AAFの存在を忘れて人類同士で再び争いだしていると知り、他の誰かのために力を奮うことに意義を見出せなくなった。
今は 自分が負けないため に戦っており、そんな心境の変化があったためか、AAFに来たころから「自分のため」にしか戦わなかったという鈴理の一貫した精神性に憧れを抱いている。

プラチナブロンドの髪をすっきりしたショートカットにしている見目麗しい女性だが、《フロート》でイクリプスとの終わりの見えない戦いを続け、多くの僚友の死を見てきたためか、どこか疲れているような印象を与える。
しかし、パイロットとしての技量はレイヴンの名に違わず非常に高いレベルに達しており、一個大隊を繰り出してさえ無謀な作戦を単独で達成してのける。
また、MMA(総合格闘技)の腕も一流であり、体重差が倍以上ある男が相手でも手玉に取れる。時間が空いている時は鈴理にも手ほどきしている模様。