※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ATLAS S2C SUDDEN DIVER


乗員 1(コクピットブロック換装で2名まで搭乗可能)
全長 16.8m(人型時5.2m)
全高 6.4m(人型時13.2m)
本体重量 28t
最大離陸重量 76t
最大速度 18 km/s(秒速18km)
航続距離 2685500km

より高水準の性能を求めた「DEEP DIVER」の上位互換機。
外見こそ「DEEP DIVER」と変わらないものの、実際には新型ジェネレーターや8方向に40℃まで可動する推力偏向ノズルの採用により、パワーと機動力は段違いに向上している。また、それに伴って最大積載量も増えたため、従来型よりも多数の武器を搭載可能となり長期戦・殲滅戦に優れる。
レーダーやセンサーなどの電子系統も見直され、パイロットへの戦闘サポートも行き届いている。
あらゆる面において従来型を遥か凌駕する性能を獲得し、一騎当千の活躍を発揮する傑作となることを期待された。
しかし、現行機から頭一つ飛び抜けた性能に追随できるパイロットは非常に少なく、戦闘から帰還しても コクピットから降りられないほど消耗するため、生産数は少数に終わっている。

製造された機体は各方面からエースを集めた精鋭部隊「レイヴン」にのみ配備された。
その際、最強のエース集団であるレイヴンの戦闘データ収集を目的に最新鋭の量子スーパーコンピュータが搭載され、さらに収集データを確実に持ち帰れるよう、サバイバビリティの向上もなされた。
元々がDEEP DIVERの上位互換機であるが、レイヴン隊に配備されたSUDDEN DIVERは「レイヴン隊仕様機」とでも言うべきカスタムタイプである。
レイヴン隊への配備によって、図らずもさらなる進化を遂げ、現行機アトラスの中では最強の機体と言っても過言ではない。
また、カスタムタイプだがDEEP DIVERのパーツや弾薬を流用することが可能なため整備性もよく、各地を転戦するレイヴン隊にとっては非常にありがたい機体だった。

●武装
20mmハンドレールガン×2:銃身がナイフ状になっており、近接武器として機能する。
30mmアサルトレールガン×2:軽機関銃型のレールガン。戦闘機形態時は機銃になる。
ミサイルポッド
ノヴァブラスト
スプレッドブラスト:拡散型ノヴァブラスト。


+ 強攻制圧装備:スイーパーパック

+ 対空戦特化装備:プロードパック