フロート

イクリプスが存在する、別次元の宇宙空間。エキゾチック粒子が充満している。
フロート内に天体の存在は確認されておらず、その代わりのように巨大な大陸や海が宙に浮かんでいる。惑星も恒星もない以上、重力も働きようがないはずなのだが、どういうわけか大陸は表面も裏面も地面方向に重力が働いている。さらには、海の水が何らかの力で引っ張られ、リング状になっているところもある。
常識では考えられないその光景は、ある種、幻想的でさえある。
大量のイクリプスが生息しており、フロート内の防衛ラインであるAAFの活躍により、地球への被害を未然に防いでいる。

ホール

太平洋上空に存在する、フロートと地球を繋ぐ空間の穴。
この穴はドーム型に広がっている巨大空間であることが確認されており、その頂点は衛星軌道にまで達している。

AAF

Anti-eclipse Atlas Force.
イクリプスに対抗するべく設立された地球側の軍隊。
イクリプス側の戦力をフロート内で撃破し、ホールから地球へ侵攻するのを未然に防ぐことを目的とする。
最新鋭兵器であるATLASを主力とし、フロート内に建設された全長13キロメートルの戦闘コロニー『ハイランダー』に司令部を置いて活動している。その他、ハイランダーの半分以下の規模だが、拠点となる戦闘コロニーが6つ配置されている。
当初は精鋭を揃えたエリート軍団だったのだが、終わりの見えないイクリプスとの戦いで有能な人間が消耗されていくことを危惧し、志願兵のほかに、能力はあるが地球では生きにくい人間( 人格・経歴に問題のある人物 )を兵として送り出すようになった。これらは司令部の中枢コンピュータ『アパルーサ』によって的確に人事配置され、防衛ラインを保つことができるようになっている。
しかし、それら人事面の問題や軍事力の高さから、食料自給能力は持たされておらず、地球からの補給がなければ飢え死にしてしまう。これは遠回しではあるが、 AAFが独立しないようにするため の措置である。