性別
年齢 23歳
身長・体重 159cm・54kg
スリーサイズ 79/56/81
搭乗機 SUDDEN DIVER「竜胆」
所属 AAF 特殊遊撃戦隊「レイヴン」
CV 高山みなみ
戦闘BGM Garnet Moon
Leave all Behind
PROUD OF YOU

「こちら『レイヴン』。これよりイクリプスミッションを開始する」
「レイヴンなら、このくらいは当然だ」
「地球が滅ぶ? だからなんだ。知ったことか」

名前は漢字で書くと深山鈴理。コールサインは 「レイヴン4」
選りすぐりのエースばかりで構成された特務遊撃戦隊「レイヴン隊」の空軍パイロット。階級は少尉。後に中尉に。
「レイヴン」に所属する者は通常の指揮系統とは別で動いており、パイロットの独自判断による作戦行動が許可されている。むしろ、それを目的としてい部隊と言ってもよい。
《フロート》内の地球軍基地である戦闘コロニー『ハイランダー』に配属されているエリート中のエリート。モビーディック級次元航行艦『イザヨイ』を旗艦とする第四番遊撃艦隊と共同作戦を行うことが多い。

AAF入隊のきっかけは不明。
しかし、過去になんらかの犯罪歴があり、刑務所に収監される代わりにAAFへ入隊したことは確からしい。
わずか一年ばかりの訓練期間で実戦に出されたが、実力は古兵が揃うAAFでもトップクラス。レイヴン戦士として濃度の高い戦闘経験からくる堅実さを持つ一方、予測不能の戦術を発想する柔軟さもある。彼女の戦闘データからアトラスの新しいマニューバが発見されることもあった。
戦闘技術そのものも高いが、なによりも生き抜こうとする精神力・直感力が特に優れている。自分の身に迫る危機を無根拠でも察知する戦闘勘は、スパコンの演算やベテランの経験則を超え、未来予知じみた精度で的中する。
過去、生還不可能と思われた状況を次々と覆し、あらゆる戦場で勝利してきた。
精神、肉体、技術、経験、直感力、etc・・・あらゆる面で高度にまとめられているため、 {「最強の戦闘マシン」}と呼ばれる。

歳の割にドライ……というより、周囲に対してひどく無関心。
他人にも戦争の行方にも興味がなく、己の愛機にしか心を許さず、生き甲斐は愛機とともに飛ぶことのみ。任務をこなして戦果をあげるのも愛機から降ろされたくないからで、地球がどうなろうと別にどうでもいい。むしろ、AAFの尽力と犠牲によって成り立つ平和をのうのうと謳歌する地球の住人達を心底嫌っており、早々に滅んでしまえばいいとさえ考えている。
生き残るだけの価値があるのは、実際に戦いの場にいる人間だけだというのが持論。他のパイロットに関心こそ示さないが、鈴理なりに評価はしている。

長い黒髪をポニーテールにして纏めた美人。が、色気は皆無な上に振りまく気もない。オマケに空いている時間があれば戦闘に出るため、風呂にも入らない。
時間の余裕がないということもあるが、本人が 風呂なんて別に入らなくてもいい と考えているので、時間が空いていても入らない。服も洗濯しない上に着たきり雀。予め慣れておかないとむせ返るほど 体臭が獣臭い

また、「レイヴン」のコールサインはスーパーエースの称号と言っても過言ではなく、 任務外でも彼女のことを「レイヴン」と呼ぶ者は多く、コールサイン以上にニックネームとして定着している
華奢な見ために反して、体力的には大の男よりもずば抜けており、パイロットを使い潰すとまで言われるカスタムATLAS「SUDDEN DIVER」を愛用。
初めはただのマシンとしか見ていなかったが、次第に愛着を持つようになり、後に 恋愛対象 *1 となる。
今では愛機という枠を超えた執着を見せており、竜胆の前では 初心な生娘のように顔を赤らめたりする。 ほとんど病気と言っていい。
任務以外の用事がなければ愛機に付きっきりで、睡眠もコクピットの中でする。
もしも愛機が破壊されるようなことがあれば、鈴理自身も死を選ぶだろう。


+ ...


+ レイヴン隊とは?

+ ∞ジェネレーションの立ち回り