鬼龍<クェイロン>

 

性別
年齢 ???
搭乗機 白王       
   
   

 

第三の鬼士『白王』の搭乗者。偽りの王。


『紅き国』出身の鬼にして、くれは直属の家臣だった男。
武力、知力、共に他の鬼を凌駕し、くれはの右腕と呼ばれていた。


飄々としてつかみどころのない性格。
口調は軽く、他者に対して親しみやすい態度を取るが、その裏には自分以外の全てに対する敵意が潜んでいる。


肩まで伸びた銀髪。整った顔立ちをしているが、両目を黒く細い布(包帯のようなもの)で覆っているため、完全に表情を見ることは出来ない。


『紅き国』と『蒼き国』の滅亡―――その原因を作った張本人。
実はくれはの兄で、本来は彼こそが『紅き国』の王として、国を支配するはずだった。
しかし、後に生まれたくれはが、彼以上の能力を有していることが判るや否や、彼は王の道から転落。
代わりにくれはの家臣として仕えることを強要された。
納得できない彼は、国にいたわずかな「反くれは派」の勢力をかき集め、反逆を企てる。
ちょうどその頃、『紅き国』では鬼士“赤煉”の開発が行われていた。
彼はその技術を盗んで、反逆勢力と共に独自に鬼士を開発し、その力でもって国を手中に収めようとした。
『紅き国』の象徴“赤煉”でもなく、『蒼き国』の象徴“蒼覇”でもない。
第三の鬼士“白王”の力で。


『紅き国』と『蒼き国』、両国間の戦争の終盤。
“赤煉”と“蒼覇”の苛烈な戦いが繰り広げられている中、鬼龍は“白王”と共に争いに介入。
第三勢力として、両鬼士と戦った。
鬼龍は、両鬼士とその搭乗者が疲弊した状況を狙ったはずだったが、鬼龍自身が初陣で“白王”の力を十二分に発揮できなかったこと、
“赤煉”と“蒼覇”が、想像以上の力を発揮して対抗したことから、三つ巴の戦いは勝負のつかないまま終結。
余波で『紅き国』と『蒼き国』は滅び、鬼龍は“白王”の中で、長い眠りにつくこととなった。


現代―――
“赤煉”の目覚めと共に、彼も復活。
この現代で、今度こそ全てを支配する王となるため、“白王”の力を振るう。
“赤煉”と共に復活した、くれはを探しながら。

 

 

▽鬼眼▽


鬼に見れらる外見変化。
生命エネルギーを放出し続け、昂った状態にある鬼は、両眼の色が変化する。
具体的に言えば、瞳と虹彩が紅色あるいは蒼色に、白目の部分が黒色になる。