ディオ・S・オルドナーブ


性別
年齢 不明
搭乗機 アテンシャムス
ICV 子安武人
初登場作品 スーパーロボット大戦Fα


「消え去るがいい・・・『天』の圧倒的な力の前になぁ!!」


ナムリア軍の総司令官で、金髪緑瞳の美男子。
徹底抗戦を訴えるタカ派の筆頭で、地球人類を見下している。
齢40に至ろうかというほどなのだが、20代後半にしか見えない。
自身の能力に絶対の自信を持っており、物腰は慇懃丁寧ながらも内心は常に周囲を見下している。そのため、自分の内心を表に出すことはほとんどない。
ピンチになっても打開策を即座に練り上げることのできる優れた頭脳の持ち主でもあり、そのことも相まって司令官には満場一致で任官された。
当初から帝の融和的政策に疑問を覚えており、使者が行方不明になった時に現場にいたこと相まって発言力を強化。
彼の強硬な態度もあり帝もついに折れ、地球とナムリアは開戦へと向かうことになる。



+ネタばれ注意
実は、帝からの使者を殺した張本人で、開戦の原因を作った張本人である。
兼ねてから己の能力を有効活用できる場所を探していた彼は、これ幸いとばかりに利用し、首尾よく使者一団を抹殺。
またナムリアの歴史から鑑みて地球こそがナムリアの帰り着くべき場所であると考えた彼は、ロキと共謀して帝を幽閉。
実質的な支配者としてナムリアと地球との戦争を起こすが、最終的にはアルヴィン達に討たれ、その野心とともに宇宙の塵と消えた。

また、搭乗綺体は「 」の綺体であり、彼は数百年に一人いるかという「 」の エレメント の持ち主でもある。