斑目 浩介(Madarame Kosuke)

性別
年齢 26歳
登場機 -
ICV 岩田 光央

「安い酒と安い命、後ぁ端た金さえありゃあ楽しめるもんさ」
「賭けてみるかぃ?俺が勝つか……お前さんら人生の勝者が勝つか。賭け金は命1つ。安いもんだろ?」

 じんべえ袴姿の中肉中背で、年齢不相応のしょぼついた目が特徴的な男。
 馬鹿笑いしながら飲み歩きが趣味というほどの駄目な飲兵衛だが、その正体はかつて裏社会を震撼させた伝説のギャンブラーである。
 自分の命をまるで炉辺の石ころのように容易く賭けの対象にし、相手にも相応の高リスクを負わせておき、全ての賭け事に勝利したという伝説。

 悪魔じみた強運の持ち主であるがゆえに、ひとかたならぬ恨みも散々買ってきた男だが、悉くすべてを真正面から潰している。
 しかも文字通りに、だ。

 それも、彼が重力を操る能力・・・『 宝玉 』なる黒い球形を1つ紡ぎ出す度に、周囲の重力を1G増減するという稀有な能力の持ち主だからこそ出来たのだ。
 その能力の幅はかなり広く、”触れた物”、”視界にある物”、はたまた自分の靴の”つま先一点のみ”という高精度に局地的な部分にまで加重をかける事が可能である。
 また、増減できるという言葉もあるように、逆に1Gずつ減らす事も可能であり、此方も前述した例と同じように高精度に局地的に変動させれるらしい。

 彼と交戦をして生き残った人間の証言によれば、彼が力を発揮した途端に山が浮いただの、海水が持ち上がっただの様々な噂があるが、何れも彼ならば実現してのけれるようなものばかりである。




ワークス/カヴァー、研究者/博打打ち
シンドローム:バロール
【HP】30 【イニシアティブ値】12 侵蝕率:素体/妄想:130
【肉体】1 
【感覚】2 <知覚>1<知識:酒>4
【精神】8 <RC>5
【社会】2 <調達>1、情報:学問>1



エフェクト:
《コンセントレイト:バロール》2、《魔神の心臓》6、《黒の鉄槌》2、《コズミックインフレーション》3、《時の棺》1、《黒星粉砕》8、《天空城》2、《グラビティエリア》5(※超血統)


アイテム:
 レザージャケット



Dロイス:超血統
Eロイス:修羅の世界



備考:経験点260点で作成