※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機体名:イクス・ヴァイリア
搭乗者:天槻 空
全長/重量:17.2m/50.3t
イメージカラー:蒼/銀

 空の傭兵としての飯の種。特に特殊な操縦方法はなく、一般的な機動兵器の枠から大きく外れるものではない。《ヴァリアブルアーマーシステム》と呼ばれるものを装備しており、コアとなっている機体はシンプルな人型。《ヴァリアブルアーマーシステム》が無いとかなり貧弱な印象がある。コア機体には、《ヴァリアブルアーマーシステム》用のエネルギーパックが3基内蔵されており、本体の稼動用エネルギーよりも総量が多いということからも、このシステムが機体の要になっていることがわかる。空が呼称する際は、“イクス”。

  • 特殊装備
《ヴァリアブルアーマーシステム》
イクスの装甲兼武装となるシステム。出撃時はAモードが基本だが、場合によっては別のモードで出撃することもある。各モードの詳細は以下の通り。各モードには、内蔵エネルギーパックを使用することで発動するCode:Ex(コード:イクス)という切り札がある。

  • Aモード(アサルト)
追加装甲および高機動翼として装備した形態。戦場で有利な位置取りおよび、味方機のカバーを行なう。Code:Exは光翼展開による超高速移動。

  • Bモード(ブレイド)
翼部分が刀身、その他追加装甲部分が柄となることで大剣形態となる。攻撃手段としてよりは、攻撃を受けるもしくは流すことを目的としている。受け成功時の防御力は全モード最高。Code:Exは斬撃のインパクト時に、エネルギーを放出するバーストスラッシュ。

  • Gモード(ガンナー)
狙撃長砲形態。通常(S)と拡散(W)の2WAYエネルギーライフル。唯一、通常の攻撃にもエネルギーパックが必要な形態。エネルギーパック1基で、通常ショットだと6発分、拡散ショットだと3発分となる。Code:Exは、エネルギーパック1基分を使用したチャージショット。

  • Nモード(ナックル)
追加装甲部分を拳と脚部にまとわせた格闘形態。リーチと一撃の重さではBモードに負けるが、手数の多さと機動性ではこちらが上。Code:Exは、エネルギーをまとった状態での連撃。

  • 武装
近接防御機関砲×2
CMナイフ×2
Gリボルバー×2
《ヴァリアブルアーマーシステム》Nモード
《ヴァリアブルアーマーシステム》Gモード W
《ヴァリアブルアーマーシステム》Gモード S
《ヴァリアブルアーマーシステム》Bモード
Code:Ex A(光翼展開⇒Gリボルバー連射⇒CMナイフ突き刺し)
Code:Ex G
Code:Ex N
Code:Ex B
Code:Ex Full Weapon Crush(追加武装:A⇒N⇒G⇒B)