冥魔獣(めいまじゅう)

  

クランタオに住まう異形の怪物たち。地上侵略の尖兵となる。
クランタオの一族は邪術・呪法に長けた者が多いが、
それらが突然変異して怪物となったのが冥魔獣と言われている。
一口に冥魔獣といっても多くの種類があり、人型、獣型、不定形型と様々。
幹部によって種類に違った系統がある。
 
ユウキは亡霊・妖怪タイプ、アマクサは伝説上の幻獣・悪魔タイプ、
ロウガは獣人タイプで、ベンケイは怪物タイプの冥魔獣をそれぞれ使役する。
また、冥魔獣の生み出し方も幹部によって異なる。
ユウキ:お札を取りだし、数珠玉を持って呪文を唱えるとそのお札が冥魔獣となる。

アマクサ:杖で魔法陣を描き、ロザリオを持って呪文を唱えると陣から冥魔獣が生まれる。

ロウガ:軍配を掲げ、法螺貝を吹くと主の呼びかけに応じ、彼方から冥魔獣が現れる。

ベンケイ:ベンケイが四股を踏むと、地震が起こり、地中から巨大な樽が出現する。
その樽を叩き割ると、中から冥魔獣が現れる。

 

 

ユウキ死霊族
 
霊僧正ユウキ率いる軍団。配下の冥魔獣は
ドクロや亡霊、日本の妖怪をモチーフとしている。
ユウキの事は『僧正様』と呼ぶ。
所属冥魔獣:ホネムカデ、ジュオンギョウ、ゲンムソウ、オニビチョウチン
 

 

アマクサ邪教団

 
邪教主アマクサ率いる軍団。配下の冥魔獣は
西洋の伝説に登場する、幻獣・悪魔をモチーフとしている。
アマクサの事は『主(マスター)』と呼ぶ。
所属冥魔獣:ディアブロ、リリス、ヒポグリフ、アルラウネ
 
 
ロウガ鬼狼衆
 
獣鬼将ロウガ率いる軍団。配下の冥魔獣は
甲冑や戦装束を身にまとった獣人の姿をしている。
彼らは『ロウガ十二神将』と言われ、それぞれ仏教の十二神将の名を持っている。
ロウガのことは『御大将』と呼ぶ。
所属冥魔獣:ビカラ、メキラ、マコラ

 

 

ベンケイ蛮魔連
 
魔人坊ベンケイ率いる軍団。配下の冥魔獣は
筋骨たくましい蛮族のような格好をしているのが中心。
武器や物をモチーフとしている。
ベンケイのことは、『親分』と呼ぶ。
所属冥魔獣:マンリキ、ヤツザキ、テッツイ、トドロキ

 

 

冥魔獣ホネムカデ
 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。その名のとおり、骸骨で出来た大百足である。
体はいくつも節で区切られており、生命力が強く、体の一部が破壊されても再生できる。
生命力が強く、頭部を破壊されないと死なない。数は一匹ではなく複数匹いる。
ユウキの持つムカデが描かれた呪符から出現する。
 
<武装>
かみつき

 

 

冥魔獣ガシャムカデ
 
無数の冥魔獣ホネムカデが、ユウキの呪術により融合し、一体の怪物と化した姿。
多数のムカデが絡みついた姿をしており、ムカデの頭部を伸ばして攻撃する。
 
<武装>
ムカデヘッド

 

 

冥魔獣モウリョウガミ
 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『魍魎髪』と書く。
全身髪の毛で覆われた姿をしており、体色は赤色。
自身の髪を伸ばして攻撃することができる。
「フーッ、フーッ・・・」と鳴く。
 
<武装>
火球:口から吐く火の玉。
亡霊髪:髪を伸ばして敵を攻撃する。
 
 
 
冥魔獣ジュオンギョウ
 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『呪怨形』と書く。
ワラ人形の姿をしている。体から五寸釘を放ったり、呪いで敵に精神攻撃を与えたりする。
顔の裏側に鬼の面があり、呪いを使う時にはその面が表に現れる。
口癖は「ハリハリホー♪」
 
<武装>
呪怨炎:口から火炎放射
五寸釘:手で五寸釘を投げつける。
呪いの釘:自身の体に釘を打ちこみ、敵に呪いで激痛を与える。
 
 
冥魔獣ゲンムソウ
 

ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『幻無僧』と書く。

虚無僧の姿をしている。手に携えた尺八を吹き、敵に怪音波でダメージを与える。

 
<武装>
呪奏曲

 

 

冥魔獣アマモリガサ
 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『雨漏傘』と書く。
紺色の化け傘の姿をしている。
体から敵を切り刻む傘を放つ他、自分の周囲に猛毒性の黒い雨を
降らせて敵機体を溶かすことができる。
 
<武装>
黒い雨

 

 

冥魔獣オニビチョウチン
 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『鬼火提灯』と書く。化け提灯の姿をしている。
提灯の中は炎で満ちており、口や全身から炎を放ち敵を焼き尽くす。
アメリカ人っぽい口調で喋る。
 
<武装>
鬼火:口や全身から放たれる火炎。

 

 

冥魔獣バクチクドウ
 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『爆竹童』と書く。
竹の束に目と両足がついた外見をしている。
竹の先から砲弾を発射して攻撃する。
 
<武装>

爆雷竹筒

 

 
冥魔獣ジュオンリュウ
 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『呪怨竜』と書く。
かつて星火神に倒された冥魔獣ジュオンギョウが、
冥魔獣たちが残した恨みの念とユウキの呪術により復活再生した姿。
外見は二足で歩くワラで出来た竜の姿をしている。
両手からは尖った先を向けた釘が生えており、背中にもびっしりと釘が生え揃っている。
極めて強力な冥魔獣であり、星火遊撃隊を苦戦させる。
 
<武装>
しっぽ
呪怨炎:口から吐く火炎放射。
五寸釘:手や背中からミサイルのように釘を発射する。
 
 
冥魔獣ジュオンリュウ(第二形態)
 
外皮を焼かれた冥魔獣ジュオンリュウの第二形態。
ジュオンリュウの本体というべき姿で、
骸骨の様に痩せ細った体つきに長い手足、真っ黒いボディを持ち、
全体的にワラ人形に似ているデザインである。
身体が細くなって弱くなったような印象があるが、
ジュオンリュウにはある特殊能力があり、
ダメージを受ければ受けるほど……相手を恨めば恨むほど強くなるのだ。
一度死にかけて蘇ったこの形態は、
敵への恨みによって前の形態を遥かに凌ぐパワーを持つ。
ジュオンリュウは、いくら瀕死の状態に追いこんでもその度に復活し、
より強くなって手に負えなくなってしまう。
倒す方法は復活のタイミングを与えず、完全に消滅させる以外ないと言われるが……
 
<武装>
格闘:長い手足を使って攻撃。
五寸釘:全身から釘を発射する。全方位攻撃と化している。
 

 

冥魔獣クグツカンノン

 
ユウキ死霊族に所属する冥魔獣。『傀儡観音』と書く。
黒子のような姿をした冥魔獣で、糸を通して操り人形を操って戦わせる事が出来る。
敵機体に糸を通して意のままに操ることもできる。
 
<武装>
呪縛糸

 

 

冥魔獣ディアブロ
 
アマクサ邪教団に所属する冥魔獣。羽を生やした悪魔の姿をとっている。
神父の姿に変身できる。アマクサの使い魔敵存在。
 
<武装>
クロー
破壊光線:掌から発射する赤い怪光線。
スピアー

 

 

冥魔獣リリス
 
アマクサ邪教団に所属する冥魔獣。女悪魔の外見をしている。
シスターの姿に変身できる。
 
<武装>
破壊光線

 

 

冥魔獣ヒポグリフ
 
アマクサ邪教団に所属する冥魔獣。伝説上の生物グリフォンをモチーフとしている。
 
<武装>
火炎放射
 

 

 

冥魔獣クビラ
 
ロウガ鬼狼衆に所属する冥魔獣。カラスの姿をした忍者である。
諜報任務を得意とし、様々な忍術を使える。
忠義に厚い性格で、ロウガに絶対の忠誠を誓っている。
 
<特殊能力>
分身
空蝉の術
 
<武装>
羽根手裏剣
忍者刀
爆弾
分身鴉:羽が無数の小さなクビラとなって攻撃を仕掛ける。
秘忍術・鴉舞(からすまい):分身して敵に切りつける秘技。

 

 

冥魔獣メキラ
 
ロウガ鬼狼衆に所属する冥魔獣。甲冑を身にまとった山羊の姿をしている。
穂先が筆になっている槍型の武器を持ち、
白い紙に文字を書くことでそれを実体化させることができる。
また、「炎」と書いた紙を食べて炎を吹いたりすることができる。
 
<武装>
筆槍
紙攻撃:紙に書いた怪物を実体化させ攻撃。
火炎放射:「火」と書かれた紙を食べて炎を吹く。
 

 

冥魔獣ビカラ

 
ロウガ鬼狼衆に所属する冥魔獣。甲冑を纏ったシロクマの姿をしている。
口から凍気を吐いたり、大寒波を巻き起こしたり出来る。
 
<武装>
戦斧
凍気放射
吹雪
 

 

冥魔獣マコラ

 
ロウガ鬼狼衆に所属する冥魔獣。アルマジロの姿をしており、
丸まって突進を食らわす攻撃を得意としている。
球形になった状態では、死角の無い完全な防御形態となる。
 
<武装>
クロー
ローリングアタック
 

 

冥魔獣マンリキ

 
ベンケイ蛮魔連に所属する冥魔獣。両手の万力で敵を押しつぶす。
筋骨隆々で、体色はオレンジ色。
 
<武装>
タックル
マンリキ・プレッシャー:両腕の万力で敵を押し潰す。
 

 

冥魔獣ヤツザキ

 
ベンケイ蛮魔連に所属する冥魔獣。ベンケイ軍団にいる数少ない女性冥魔獣である。
サディスティックな性格で、刃を仕込んだ鞭で敵を切り刻むことを得意としている。
体色は緑色。
 
<武装>
斬撃鞭
 
 
 
シカバネ兵
 
クランタオの一般兵士。顔中に複数の眼がへばりついている。

人間から魂を集めるのが目的。雑魚兵とはいえ一般の人間では歯が立たない。