カノン=ラディウス

 
性別:男
年齢:不明
ICV:田中秀幸

『白い狂院(ホワイトガーデン)』の異名を持つ天才錬金術師。
白髪の混じった黒髪に、メガネと白衣を着用した男。
先天性色素欠乏症(アルビノ)であり、
肌の色は深雪のように白く、顔は人形のように整っている。
瞳の色は一切の光無き黒一色。
『錬金学の大成者』とも呼ばれ、その頭脳に五百年以上は先の技術力を宿す天才。
錬金術は元より、化学、生物学、心理学、医学、果ては魔術やオカルトにも長け、
天才の名を欲しいままにしてきた。

天才ではあるが、相当に性格が破綻しており、自他共に認める“変態”。
クールを気取りながらも頭の中では欲望と妄想が渦巻いており、涼しい顔でセクハラ発言する。
己の美学以外に一切の価値を見出さない究極のエゴイスト。
彼にとっては国家の趨勢も犬の餌の品質向上も、
『気分しだい』という判断基準において全て等価である。
自分が天才だと確信するがゆえに、
他の凡俗では自分を理解する事など出来ないと思っており、
世間の賞賛など初めから求めてはいない。

性格はかなりいい加減で享楽的。
天才でありながらも、その知識を世の為に生かす事はせず、
さりとて変革に使うでも無く、ただ自分の欲求の為だけに弄ぶ。
非常に飽きっぽい性格であり、一度取り組んだテーマには興味を失い、
すぐ次のジャンルに向かう傾向がある。
『契約兵装』など、数多くの魔具を作り出して来たが、未完成のまま放り投げたものも数多い。
彼の作る作品は、究極に近い性能を誇りながらも必ず何らかの欠陥を抱えており、
これは彼の精神に根ざした部分に寄るものらしい。

主義や主張も特に無く、求められれば誰にでも手を貸す。
ただし、『義理』や『約束』といった概念が欠片もない為、
敵対する二勢力に力を貸して、結果より争いを激化させてしまう事もしばしば。
当然ながら多くの怨みを買っており、
命の危険から逃れる為に『何者をも侵害できない空間』に引きこもり、黙々と研究活動を行っている。

契約兵装『鮮血喜劇』を起動させ、ゼヴィン・レムザールを復活させた張本人。
それについての理由は『ただの気分だった』『今となってはもう忘れた』らしい。
雪月花三姉妹の自動人形の製作者でもある。
娘である彼女ら曰く、『人格・性格・行動どれを取っても非の打ち所がありすぎる変態』。

その出生には謎が多く、別の世界から来た人物とも言われる。
この世界には存在し得ない文化についても色々知っているらしく
『アニメ』や『マンガ』と言ったエステレラにない文化の知識を引用する事が多い。

東洋人らしく、本名は祁塔院叶音(きとういん・かのん)という。