※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルクレツィア=ヴァティス

 
性別:女
年齢:23歳
武具:契約兵装『矩形礼賛(デモンコクーン)』
ICV:桑谷夏子

 

黒手団の構成員。元はシスターで、修道服を身に纏った美女。
漆黒の黒髪を垂らし、いつも憂いを帯びた悲しげな表情をしている。
かつての彼女は、神に仕え、争い事を嫌い、平和を望む敬虔な修道女だった。
だが、彼女には“呪い”にも近い特異体質があり、
近くで“争い”が起こった時、
それを鎮めるために懇願し、それでも受け入れられない場合、
体が勝手に動き、争いの当事者達を皆殺しにしてしまう。
その時の彼女は狂気と哀しみの狭間で揺れ動く極めて不安定な精神状態にあり、
泣き叫び、謝りながら虐殺を続ける彼女は誰に止められない。
一種の二重人格なのか、本当に呪いなのか・・・その境界線は定かではない。
虐殺が終わった後、正気に戻った彼女は、
いつも自らの行いを悔やみ、己が背負った“業”に苦悩している。
この彼女の異常な体質は、幼い頃から現れており、
当時の教皇庁異端審問局に目をつけられ、対ガフメド軍用の戦力として十字軍にも駆り出された。

 

十数年前の十字軍戦争では、わずか10歳にも拘らず戦場を駆け、
数え切れぬガフメド人を血祭りに挙げてきた。
しかし、味方側も少なからず被害は出てしまい、
やはり制御不可能だと判断した教皇庁は、彼女を切り捨てる決断を下す。
やがて、当ても無く放浪していた彼女を拾ったのが黒手団である。

彼女は今でも神を信望しており、祈り続ければ必ず救済は訪れると信じている。
一方で、自分の背負う業にも苦しんでいるが、
人を殺めてもただ“悲しい”としか感じず、
全く行状を改めない辺り、その精神は既に破綻している見方が強い。

 

契約兵装は、大鎌型の『矩形礼賛(デモンコクーン)』。
普段はルクレツィアが首から下げているロザリオの形をしているが、
いざルクレツィアが“変貌”した時、同時に大鎌へと姿を変え、目に映る者全てを切り刻む。