※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼峰雫 あおみね・しずく

性別

年齢 16
武器等 霊剣『豊玉毘売』
搭乗機 リュウグウノツカイ
所属 私立流星館学園2年生、皇会
ICV 伊藤静
登場作品 血刃ハ水面ニ踊ル
 

長く伸ばした蒼紫色の髪を後ろでポニーテールにし、腰に刀を下げた、

侍然とした風貌の少女。高校2年生。
一人称は「ボク」。物静かな性格で、慌てず騒がず常にマイペース。

異常な状況にも落ち着いて対処する。
普段は、近所の高校に通う普通の(?)女子高生だが、
その正体は先祖代々受け継がれた使命に従い、
人類を脅かす悪しき魔物と戦う若き霊伐師(スレイヤー)である。
幼少より、蒼峰の“凶祓(まがはらい)”としての英才教育を受けたため、
身体能力は人間離れしている。また、潜在的な霊力の資質も高い。
剣技は卓越しており、全国大会級でも敵無しで、魔物とも生身で戦える。

流派は蒼峰流・海神(わだつみ)の太刀。
水に宿りし精霊“海御霊(うみみたま)”と契約しており、
清浄なる水の力を操り、この世に蔓延る邪悪を洗い流す。
腰に下げた刀は、霊剣『豊玉毘売(トヨタマヒメ)』。
柄部分に二対の勾玉『潮盈珠(シオミチノタマ)』『潮乾珠(シオヒノタマ)』がはめ込まれ、
『潮盈珠』で多量の水を呼び出し、『潮乾珠』で出した水を治める。

現在は、祖母と都内の屋敷で二人暮らし。

霊伐師としての使命感が強く、日々強くなるための鍛錬を欠かさない。

父や祖母、友人の影響からか、漫画やアニメ、特撮に詳しく、

テレビゲームを趣味としている。


 

「もっと・・・強くなりたい」

 

「“悠久の深海に眠りし海神の化身よ・・・
 我が祈りに応じ、果て無き大洋を越えて彼の地に来たれ・・・”
 行くよ・・・『リュウグウ』・・・!」