極光騎士団(ポラール・リヒト)

 
オーヴァルラントが誇る精鋭ばかりを集めた貴族評議会直属騎士団。
かつて存在した教皇庁異端審問局に代わる、
国家犯罪の抑止力として設立された。
その中枢メンバーは魔術や錬金術、契約兵装の扱いに長けた者達で構成され、
地方配備の軍隊や騎士団では対応しきれない、魔族や魔術師に対抗するための戦力である。
本拠地は、武芸の都ローランスにあり、
騎士団長は領主であるナハトシュタール侯爵が勤める。
オーヴァルラントは、現在大きく分けて10の地方が存在するが、
その数に応じて10の騎士隊に分かれ、各地に派遣されている。
上から騎士団長、騎士長、副騎士長、騎士、準騎士、兵士の階級に分かれている。
また、『遊撃騎士(アウトライナー)』という特殊な階級があり、
彼らは任務に応じて単独かチームを組んで行動する。
階級的には騎士長クラスに相当し、単独でも任務を遂行できる実力者が選抜される。