ナムリア



突如として地球に来訪し、地球の先住権を主張してきた一団。
彼らの弁によれば、遥か昔地球の氷河期以前に彼らは存在し、現在の地球よりも優れた技術を持って地球に住み、野生の動物を管理し、環境を管理してきた。
しかし、彼らの生み出した地球管理用のマザーコンピュータが突如として反乱を起こし、地球を五区間の氷河期へと変貌させてしまった。
徐々に築き上げてきた文化を失いながらも彼らは持てる全ての兵力・軍事力を持ちマザーコンピュータを破壊したが、既に氷河期は失われつつある彼らの技術力では管理できるレベルを超えており、彼らは地球上に残された彼らの技術を全て破壊。 ※1
しかる後残った人々を集め、氷河期が終わりまたかつての様な栄華を築くため地球を脱出。長い旅に出た。
その後彼らは子を産み、育て、そして死んでいった。そして地球の年数でいう紀元2700年、地球へと戻ってきた。
だが、そこには極寒の氷河期を生き延び、進化しかつての彼らと同じように地球で生活している彼らの言う地球人類がいた。
彼らは驚くと同時に、地球人類の生命力そしてかつての彼らとほぼ同レベルの科学力を持つ地球人類に感心し、統率者の意向で友好のための使者を送った。
しかし・・・あろうことかその使者が地球上で消息を絶ち、生体反応が消えたのだ。
彼らはどよめきたった。あるものは地球人に殺されたと嘯き、またあるものはそれに呼応するかのように地球人類を滅ぼすべきだと主張した。
無論、統率者も地球人類に使者の行方を尋ねたが、帰ってきたのは知らぬ存ぜぬの一点張り。
いよいよもって地球人類殲滅が声高に叫ばれるようになり、間もなく地球への攻撃が開始された。
紀元2701年、地球人類は彼ら先住民族を「ナムリア」と呼称、ここに地球の居住権をかけた闘いが始まった。
だが、彼らは知らなかった。
「エレメント」 と呼ばれる特異体質者の存在を・・・。

※1  この時完全に破壊しきれなかった端末などが遺り、後世にオーパーツとよばれたりした