ネタバレにつき注意!



▽プロフィール
ICV:野沢雅子

二つ名は【輝雷龍王】
真名は『ヴォルネージ』という。

その正体は、まだ宇宙にオリジネア以外の知性体が存在しない頃に作られた、オリジネアの分身。
最初は名前など持たなかったが、地球に根を下ろし、数多くの龍が生まれたのをきっかけに差別化のための名を得た。
龍王の長となり、地球に降り立ってから十数億年の時が経った頃(白亜紀後期ごろ)、オリジネアが地球環境に変化を与えようとしたとき、元々地球の住人でない自分たちがその生命をいたずらに傷つけることに異を唱え、オリジネアに反旗を翻す。
環境の激変を完全に防ぐことはできなかったが、他の龍王たちの力を封じ込め、月、空、山、海、地底へそれぞれを封印。オリジネアも時空の外側へ幽閉した。
しかし、最後の龍王だけが遥かな未来へと逃走。それを追うだけの余力もなく、力尽きてしまった。
6500万年の時を経た現在に至り、新しく現れた種である人間の手によって復元され、龍王の出現と共に復活。
この時代に生きる者たちの代表として一人の少年を選び、その力を借りて戦っていく。

性格自体は温和で争い事を好まない。オリジネアが神の威光や傲慢さを表しているとするなら、分身であるタイラントは慈愛やなどの面が強く出ている。
龍である以前に、宇宙で最初に生まれた生命の一つであるため性別はないのだが、どちらかといえば女性よりになる。
満開の桜やアサガオ畑の写真を見て和んでいたり、沈む夕日を「何億年経っても変わらない景色」と評したり、鈴童との触れ合いを経て人間への憧れを見せたりしている。

6500万年も前に龍王たちとの戦いでボロボロになり、さら人間の手が加わったことで、本来の力を完全に出すことは難しくなっている。
さらに永い年月の経過で『心』を形成する中枢部分にダメージを負っており、人間たちと積極的なコミュニケーションを取ることはできない。
しかし、ブレイン・アクセスによってパイロットの人間と脳の深い部分でリンクするため、その際に意思の疎通を図ることができる。ただ、それもあまり便利なものではなく、断片的な情報を与えることしかできなかった。

+ より詳しい来歴

+ 能力

+ 武器