※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

四之宮アイ(SHINOMIYA AI)

性別
年齢 13
所属 ギャラクシア・キーパーズ GSカレッジ
作品名 銀河大戦G・K

IQ200以上の天才児でまだGSカレッジの学生だが異例の最年少コスモ級艦長見習いとなった。
寡黙で無愛想。必要以上のことは話そうとはしないが非常に優秀。
特にコンピューターの扱いは文句なしにG・Kナンバー1で、ハッキングやID書き換えなどを簡単にこなしてみせる。
主な配属先であるコスモ・アークではトウヤがパイロットとして出撃するときには代理艦長として指揮をする。
そのトウヤに特別な感情を秘めているが、それが何か自分ではわかっていない。

 


▽以下ネタバレ▽

彼女の天才的頭脳は遺伝子改造によってもたらされたもので、本来はIntelligence Number(通称、Iナンバー)367という被験体だった。

それを行った組織(正確には組織の一部)をG・Kが壊滅させたことにより、G・Kに保護された。

その後、星倉聖司の計らいにより、彼の知人である四之宮夫妻に養子として迎えられ、「I」を「愛」に変える(過去の自分をこれからの自分に変える)意味を込めて、アイという名を貰った。