姫星織兎(ひめぼし・おりと)

 

 

【ネタバレ情報】

 

体内にエーテルメタルの核であるエーテルスフィア(の半身)を宿す少年。

それゆえにベスティエの刺客に狙われるが、そこを流冬刹夜に助けられ、放浪生活を送ることになる。
刹夜を人質に取られたことで一時期ベスティエに捕らえられるが、
刹夜、朱桃、蝋骸の助けもあり救出され、その際に氷影鷺人、深緒の兄妹を撃破している。
だがやがて、刹夜がベスティエのメンバーであり、今まで自分を欺いていたことを知り錯乱。
それがエーテルスフィアの暴走に繋がり、危うく内側から砕かれそうになるが、
刹夜がエーテルスフィアを取り込んだことで一命を取り留める。
 
その後、刹夜に頼り切っていたこと、刹夜を心から必要としていることを悟り、
大きく成長する。そして、仲間たちと共に刹夜を救出する為、虚無都市に向かう。
『虚無都市』の途中で立ちはだかった髄絹と伊都を討つ。
そして刹夜を説得し、二人の絆はより強固な者となる。
やがて、刹夜と共に塞神愁醒、そして真の黒幕である六波羅道鶴を倒す。
最終決戦後は、また二人で旅を始めている。