※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

氷影深緒(ひかげ・みお)

 
性別:女
年齢:18歳
所属:ベスティエ
能力名:電恋磁愛(マグネティック・ロマンス)
搭乗機体:ライデンシャフト
ICV:松岡由貴

ベスティエに所属するエーテリスト。『九爪牙(ノイン・クラオエン)』の一人。ナンバーⅢ(ドライ)
同じく執行官である氷影鷺人の実妹で、エーテリスト能力者。
カールした濃桃色の髪を肩まで伸ばし、赤色の瞳を持った美少女。
こちらも白いブラウスにチェックのスカートと、わりと平凡な服装をしている。
兄と同様、人間をいたぶって楽しむ外道な性格をしており、
「最狂兄妹」として敵のみならず仲間内からも忌み嫌われ、
彼ら兄妹が行くところ、数万の屍が転がると言われている。
兄・鷺人に対しては、兄妹愛以上の感情を持っており、また恋人同士でもある。
兄に対する恋慕の情は凄まじく、人前でも気にせずに、むしろ進んで兄といちゃつきたがる。
兄と同じく、ヒメーレの研究施設で産まれた試験管ベビー。

開発者はヨーゼフ=氷影博士。
兄に対する過度な愛情は、シンクロ能力を高めるため、
常に一緒にされていた事から来ている。

「磁力」を操るエーテリスト能力「マグネティック・ロマンス」を持ち、金属物質を自由に動かしたり、
磁気嵐であらゆる機械を作動不良にさせる事ができる。

「うふふふふ・・・お兄ちゃん、好き・・・♪」