塞神愁醒(さえがみ・しゅうせい)

 
性別:男
年齢:不明(30代後半?)
所属:ベスティエ

能力名:『蒼天霹靂(インディグネイト・ブルー)』『絶対神域(ディヴァイン・サンクチュアリ)』
ICV:速水奨

 

治安維持局ベスティエを率いる局長で、『九爪牙(ノイン・クラオエン)』の一爪。ナンバーⅠ(アインス)
聖服(カソック)を思わせる青い装束に、黒髪を背中まで伸ばしている。
落ちついた雰囲気を持ち、如何なる事態においても冷静に物事を判断する能力を持つ傑物。
また、争い事を好まず、同僚の意見は可能な限り尊重することで、
個性の強いベスティエの面々を纏め上げている。
エーテルメタルで実体化させた青色の突撃槍(ランス)を得物とする。

 

電気を操る異能『蒼天霹靂(インディグネイト・ブルー)』を使用する。

エーテルメタルの色が青いため、彼の放つ電流は青く光って見える。
また、奥の手としてもう一つの異能『絶対神域(ディヴァイン・サンクチュアリ)』を持ち、
自身を中心とした半径五メートル以内で生じる
エーテルメタルの動きを強制的に停止させてしまう。
これによって、いかな能力者とて能力を使うことは出来なくなり、解除するには愁醒から離れる以外無い。
ただし、一度エーテルメタルで発生させた攻撃ならば
そのまま通過されるため、遠距離攻撃で対処するのが基本となる。

それを封じる為に、愁醒は高速移動による一撃離脱戦法を得意としている。