芦屋蜂壮(あしや・ほうそう)

性別
年齢 13歳
所属 真・モンゴル帝国
称号 エンヴィー・オブ・ザ・スコルピオーネ
登場作品 巷説修羅剣客伝


皇帝直属の刺客部隊七罪七獣の一人にして、蟲使いの少女
元々は、京都で指折りの陰陽師の娘であったが、八歳の頃に使えていた公家が政権争いに破れ、なくなく一家離散することになる。さらに、庶民にとって彼女の能力は、異端でしかなく、行く先々で迫害を受け、しまいには、奴隷商人に捕まり、中国へ送られ、見世物小屋の見世物にまで落ちぶれる事になった。
ソウテンと出合ったのは、10歳の頃で、その時には、度重なる迫害と虐待により重度の人間不信に陥っていたが、事情を知ったソウテンに買われ、付き人として過ごす内に、徐々に人に接する事に馴れてきている。
性格は、年齢に似合わず大人びており、結構腹黒いが、ソウテンや回天の前では、素直で純情な少女の一面を見せる。かなりどじッ子。
能力は、蝶やカブトムシのような昆虫を自在に操ることと会話が出来る事。偵察や情報収集に長けており、戦闘においても、毒蟲などを使い、敵と闘う。