※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猪旗豪次郎(いのはた・ごうじろう)

性別
年齢 31歳
所属 練武館
登場作品 巷説修羅剣客伝

 

練武館に所属する武士。
身の丈2メートルを越す巨体に、鬼瓦のようないかつい顔をした豪傑。
分厚いタラコ唇が特徴で、真撰組からは『タラコゴリラ』などと呼ばれている。
性格は粗暴で野蛮。有力な武家の出身ゆえ尚更タチが悪く、
自分に対して不遜な態度を取った者は、粛清と称して容赦なく斬り捨てる。
全身筋肉の塊で、怪力任せの剛剣を振るう。
ほとんど蛮刀に近い大振りな日本刀を得物とする。


佐脇久信(さわき・ひさのぶ)


性別:男

練武館に所属する武士。
練武館の中でもまだ若く、容姿も武士らしい丁髷とあまり特徴が無い。
やや弱気な性格で、練武館の先輩に怒鳴られると萎縮してしまう。
猪旗豪次郎に金魚の糞のようにくっついており、彼の事を怖れている。