※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

善日蓮丸(ぜんにち・はすまる)

性別
年齢 29歳
登場作品 巷説修羅剣客伝

 

江戸の住宅地にある万事屋の3階に居候と住む売れない小説家。そのため、生活費の大半はアルバイトと仕事にときたま、協力する万事屋から巻き上げる取り分で食いつないでいる。
性格は、皮肉屋で、極端なマキュベリスト。世の全ての宗教を無価値とし、あくまで苦難を超えるのは自分自身のみとしていた。が、居候二人と過ごす内に、やや軟化している。
かつて、日本を荒らしまわった傭兵集団<宗派七獄>の第3位<法華鬼関>に所属しており、次々と手柄を立てた結果、最年少の頭領でなった。その為、隠遁生活に入った今でも、その戦闘能力に衰えが見られない。
武器は、南無妙法蓮華経と刀身に彫られた名刀<数珠丸>と知り合いの南蛮人から脅し取ったリボルバー拳銃<開目抄>。