ヴォルガディオ=マックヴァーン 

 

年齢:不明
性別:男
真名:百獣大帝(キマイラ)
ICV:三宅健太
 
<夜>の幹部。愛称は『ガディオ』。
人間体は黒いコートに身を包んだ大柄の男で、黒髪を短く刈り、逆立てている。
魔族の本性を具現化したような、破壊と殺戮を好む粗暴な性格の持ち主。
それでも部下の面倒見は良く、仁義を通すなど、同族に対してはある程度寛容である。
また彼なりに王としての信念も持つ。
兄貴分として、絶対的な強者として、彼に従う魔族は多い。

 

 

真魔体は百種の動物が融合した合成獣(キマイラ)であり、

白い獅子の頭部、猛牛の角、ゴリラの胸板、鰐の鱗、

グリズリーの腕と爪、象の足、鷲の翼、毒蛇と蠍の尻尾を持つ巨大な怪物と化す。

体内に百の属性を宿し、あらゆる属性への強い耐性を持つ。

ゆえに目立った弱点が存在せず、攻守共に突出している強大な魔族である。

 

人間社会では、闇組織『ヘルゲート・ファミリー』の首領(ドン)を務め、

武器や麻薬の密売で世界に更に混乱を引き起こしている。
『ヘルゲート・ファミリー』の中核となる構成員は、全てが彼の配下の魔族である。
いずれは<夜>の幹部を全て撃ち滅ぼし、新たな魔王として君臨することを目標としているが、

現在、強さの“壁”にぶつかっており、それを突破する手段を探している。