月白夜々香(つきしろ・ややか)

 

性別:女

年齢:17歳

種族:人間

ICV:喜多村英梨
 
東の国の出身で、背中まで伸びた漆黒の黒髪に、
水平の服を模した黒い東国の衣装(セーラー服)を纏った少女。
服に赤いリボンをつけている。性格はクールでやや辛辣だが、やや天然ボケのきらいがある。
代々人に仇なす魔族を狩る使命を持つ家柄に生まれ、
彼女も魔族ハンターとしての道を選んでいる。
目に付いた魔族を手当たり次第に狩るのではなく、
政府や民間からの依頼を受けて行動している。
魔族には一切容赦が無いが、個人的な恨みを
抱いているわけではなく、あくまで任務の遂行を目的に行動している。
ゆえに、魔族からの依頼を受ける場合もある。
その場合も、ターゲットは魔族に限られ、魔族同士の権力争いに介入することになる。
しかしそれゆえに、異端者と見なされ聖十字教団に目をつけられることも。
人の名前を全く覚えられないという欠点を持つ。
人を呼ぶ時には、その人物の特徴を捉えて『~男』『~女』と呼ぶ。
 プラネリア:赤女、セレリア:クソ女、アルゼミア:紅茶女、ネイス:眼鏡女
 
武器は霊刀『白蛇(しらへび)』。
真っ白な刀身を持つ刀で、生き物のように伸び、敵に喰らいつく。
炎や亡霊などの実体を持たぬ存在であっても切り裂くことが可能。

技は、敵の無痛点から刃を侵入させ、敵が痛みを感じぬ間に全身をバラバラにしてしまう、

『輪舞処刑(ロンドエクスキューション)』。

 
また、様々な『蛇』の力を宿したテイルキャップを柄に接続することにより、刀の形状が変化する。
その場合も自在に伸長する特性は残ったままである。
 
白蛇(ホワイトスネイク):基本形態。
 
赤蛇(レッドサラマンダー):『サラマンダーテイル』を接続することで起動。
炎のように波打つ装飾を持つ、赤い刃に変わる。
『熱毒』を司り、喰らいついた敵を内部から焼き尽くす。
 
青蛇(ブルーサーペント):『サーペントテイル』を接続することで起動。
波打つような装飾の施された、水色の刃に変わる。
『凍毒』を司り、喰らいついた敵の体温を急低下させ、体組織を凍結させてしまう。
 
黄蛇(イエローヴァイパー):『ヴァイパーテイル』を接続することで起動。
稲妻を思わせる装飾の施された、黄色の刃に変わる。

『麻痺毒』を司り、喰らいついた敵を痺れさせるばかりか、強力な電気ショックで心肺を停止させる。

 

緑蛇(グリーンバジリスク):『バジリスクテイル』を接続することで起動。
ごつごつした緑色の岩を思わせる装飾の施された、緑色の刃に変わる。
『石化毒』を司り、喰らいついた敵を徐々に石化させていく。逃れるには石化した部位を切除するしかない。
 
武器はそれだけだが、彼女の恐ろしさはその卓越した戦闘技術にあり、身体能力は上級魔族に匹敵する。
また状況判断力や洞察力にも優れており、強靭さと冷徹さを兼ね備えている。
彼女と相対した魔族の大半は力及ばず敗れ去っており、
魔族の間からは『天敵』『魔族を越えた人間』『黒の処刑人』として恐れられている。

好物はいちご牛乳。