ソリーヤ=イヴァノビッチ

  

性別:女
年齢:25
国籍:ロシア
所属:WMC
コード:No『隠者(ハーミット)』
使用武器:『心臓を喰らうもの(ウピールチカ)』
特異種能力:影霊(スペクター)
ICV
:根谷美智子

ワイズマンクラブのアルカナ・フォースの一人。アルカナはNo『隠者(ハーミット)』。
茶色いウェーブをかけた髪を顔の右半分が隠れるぐらいまで伸ばしており、
喪服のように地味で真っ黒な衣装を身にまとっている。
性格はとにかく暗い。
いつもおどおどしており、人目に写らぬよう物陰に隠れていることが多い。
大変な怖がりで、ちょっとの出来事でもすぐに悲鳴をあげてしまう。
その時は、亡霊にでも合ったような形相に変わり、耳をつんざくような叫び声をあげるため、見ている側の方が怖かったりする。

そんな彼女だが、実は元ロシアの諜報機関KGB所属の暗殺者であり、
凄腕としてその名を轟かせてきた。
普段はびくびくしている彼女だが、ひとたび暗殺者としてのスイッチが入ると、
赤子も殺す無慈悲な性格に変わり、
地の果てまでも執念深く相手を追いつめ、確実に標的を仕留める暗殺者と化す。
ちなみにおどおどした性格は相手を暗殺する時も変わらず、
震える声で「ごめんなさい」を連呼しながら、容赦なくその心臓にナイフを突き立てる。

彼女は特異種であり、影から影へと移動する『影霊(スペクター)』という能力を持つ。
この能力は暗殺者としてはまさにうってつけの能力であり、
彼女が『WMC最高の暗殺者』と呼ばれる由縁となっている。

影霊(スペクター)

影から影へと物質をすり抜けて移動する能力を持った特異種。
どんな影でも移動できるわけではなく、いくつかの制約が存在する。
一つは、自分の全身が入れるサイズの影であること。
もう一つは、ある程度の濃さを持った影であること。
また、あまりに長い距離は影を通って移動することはできず、
一度に5メートルが限度となっている。

心臓を喰らうもの(ウピールチカ)

ソリーヤが愛用しているナイフ。
魔器ではないが、若干魔術的な処理が施されているため、
鉄板でも楽に切り裂くことが出来る。
名前の由来はロシアに伝わるウピルという吸血鬼の女性名。