用語集(ドルチェツァ

 

○ドルチェツァ(歓喜の劇団)

『世界に歓喜と興奮を』を合言葉に、
世界の選ばれた大富豪や著名人が集まって誕生した会員制の社交倶楽部。
選ばれた有志しか参加できず、またその内容がまったく不明なことから、
華麗でミステリアスな集団として上流階級の者たちの噂と興味の的になっている。
しかしそれはあくまで表向きであり、その実態は、豊富な財力と広大なネットワークを駆使し、
世界各地で発生している紛争やテロ事件を裏で操っている黒幕的存在である。
その反社会的性質と組織の巨大さから、人類文明の守護者たるWMC最大の宿敵とみなされている。
WMCのアルカナ・フォースと同様、最高幹部陣<エゼクトレ>を始めとする、
多数の異能力者が所属しており、またB・C、A・C、自動人形を創り出す高度な技術力を保有する。
これらの強大な力を持つ組織であるにも関わらず、表舞台に出ることはあまり無い。
裏で暗躍し、犯罪者やテロ組織を影で操り目的を遂行する。
そのため組織の全貌は厚いベールに包まれており、
このとらえどころの無さも、WMCをてこずらせている要因とされる。
数多くの組織を傘下に置き、あるいは同盟を結んでおり、
そのコネクションの広さは計り知れない。
その最終目的は組織の全貌と同様、不明瞭のままであるが、
世界に混乱と恐慌を巻き起こし、
<神聖喜劇>と称すある計画を発動すべく行動しているらしい。

なお、ドルチェツァという名前で表舞台に立つようになったのはつい数年前のこと。
遥か昔より犯罪結社の盟主として君臨する秘密組織で。
これまで幾度となく名前や人員を入れ替え、
長きに渡り歴史の陰で暗躍しつつ現代まで存在してきた。


○インプレサリオ

<主宰者(インプレサリオ)>と呼称される、ドルチェツァを結成した人物。
その正体は全くの謎とされており、
WMCはおろかエゼクトレのメンバーでもその正体を知る者は少ない。


○エゼクトレ

<演奏者(エゼクトレ)>と呼称される、秘密結社ドルチェツァの最高幹部陣。
数名のメンバーで構成され、協議によってドルチェツァの意思を決定し、
<神聖喜劇>の遂行に携わっている。
いずれも魔器士や特異種など、強力な力を持った異能力者で構成されている。
多くはドルチェツァと同盟を組む組織の首領であるが、
実力があれば無所属でも登用される。その点はWMCのアルカナ・フォースと似ている。
同じ組織に所属する者同士であるが、
皆己の利害、己の欲望、己の理想だけで動く者ばかりで構成されており、結束などは無きに等しく、
ドルチェツァも他のエゼクトレ達も、
目的達成のための効率のよい道具としてしか見ていない。
だが、メンバー同士あくまで利用しあう関係にしかないことをお互い了承しているため、
大半がそれぞれの思想や行動に関しては不干渉主義を貫き、衝突することは少なくなっている。
また、どんな理想にせよ、それが最終的に「世界の混乱と破壊」に結びつけばよいため、
首領もそういった状況を黙認しているばかりか、
むしろあらゆる物を犠牲にしてでも己の欲望を満たす事のできる危険人物を優先してメンバーに加えている。