バルトライン=ドミスラフ

 

性別:男
年齢:41歳
国籍:クロアチア
所属:WMC
コード:No.ⅩⅥ『塔(タワー)』
武器など:魔器『バビロンの聖塔(タワー・オブ・バベル)』
ICV:宇垣秀成
 
ワイズマンクラブのアルカナ・フォースの一人。No.ⅩⅥ『塔(タワー)』。
身長2メートル近い大男で、ウェーブのかかった焦げ茶色の髪を後ろに伸ばしている。
戦闘時は白色の甲冑に、長い筒型の兜を被り、
槍型の魔器『バビロンの聖塔(タワー・オブ・バベル)』を構える。
一人称は『末将(それがし)』。ストイックな武人肌で、WMCへの忠誠心は強い。
特に昔命を救われた恩から、オーギュスト・エドモン・バラティエ教授を強く尊敬している。
 
○バビロンの聖塔(タワー・オブ・バベル)
 
ドミスラフが使用する魔器。
その名の通り、複数の角柱が階段状に積み重なった塔のような形状をしている。
ドミスラフの背丈を一回り上回る長さで、槍としても使えるが本来の用途は『砲』にある。
『雷』の属性を帯びており、塔の先端部分からは強力な荷電粒子砲を発射できる。
素材は『ジルコニア』、秘めたる魔性は『雷』。