榊霧葉(さかき・きりは)

 
性別:女
年齢:23
国籍:日本
所属:榊衆→WMC
コード:NoX『節制(テンパランス)』
武器など:魔器『アタランテの双躙』、暗殺術、氣功術
ICV
:松井菜桜子

ワイズマンクラブのアルカナ・フォースの一人。NoⅩⅣ『節制(テンパランス)』。
日本人形のような色白の顔だちに、
ショートカットにした黒髪を真ん中で分けており、薄く口紅を塗っている。
服装はクリーム色の女物のスーツを着用していることが多い。
『悪魔』ハイデッガーの腹心の部下であり、彼の秘書をやっている。

彼女は元々、裏で様々な暗殺任務を請け負う忍者の家系『榊衆』の生まれで
幼い頃から様々な暗殺技術を教え込まれてきた。
そのため、暗殺や裏工作においては高い能力を有している。
幼い頃からの戦闘教育のためか、いつも無口・無表情で全く感情を動かさな
い。
任務においては私情をはさむことなく、命令を遂行することのみを目的に行動する。
『処理(トリート)』および『消去(デリート)』という言葉をよく使う。
これは彼女にとって、人殺しは物を壊す程度の意味しかないことからきているのだろう。

<戦闘方法>

かつて忍者一族『榊衆』の一員であった彼女は、忍者として高い身体能力を持つ。
一族の中でも天才的な素質に加え、榊衆に伝わる様々な秘薬で身体を強化している。
その中には痛覚をとり去る薬もあり、彼女の体は痛みというものを感じない。
忍者としての無数の暗殺技術、そして同じく榊衆に伝わる『氣功術』を会得している。
スカーフや紙に『氣』を注入することで刃のような切れ味を生む事ができ、
布や紙で人の首を切断する事も可能となる。
短刀、爪、十字手裏剣など、様々な武器を使いこなすが、
中でもトンファー型の魔器『アタランテの双躙』を好んで用い、格闘戦において無類の強さを誇る。

 
 
○アタランテの双躙(そうりん)
 
トンファーの形状をした榊霧葉の魔器。その能力は自分の周囲の気圧を下げること。
即座に死に直結する効果ではないが、気圧の低下によって体調が崩れれば、
高い戦闘能力を持つ霧葉の前では命取りとなる。
それでも戦いが長引けば、やがて内臓が破裂して死に至る。
素材は『黄銅』、秘めたる魔性は『気』。
 
 
○蒼麟天蹴脚(ソウリンテンシュウキャク)
 
伏した体勢から敵を一気に天高くまで蹴り上げる。
 
○瑞鳳天翔翼(ズイホウテンショウヨク)
 
拳、蹴り、トンファーなどあらゆる攻撃を織り交ぜて繰り出すラッシュ技。
トドメは両の腕を翼に見立てて、飛翔しながら敵を吹き飛ばす。
 
○断絶掌(ダンゼツショウ)
 
気を両の手に集め、至近距離で相手に叩き込む。
大量の気を送り込まれた敵は、内部から五臓六腑を破壊されて死に至る。