ベアトリーチェ=ベルトリッチ 

 

性別:女
年齢:24
国籍:イタリア
所属:WMC、ヴェネツィア水鳥騎士団
コード:NoⅩⅠ『正義(ジャスティス)』
武器など:魔器『ウォルカヌスの神剣』
愛称:リーチェ
身長:188cm
ICV
:田中敦子

ワイズマンクラブのアルカナ・フォースの一人。NoⅩⅠ『正義(ジャスティス)』。
イタリアの名家ベルトリッチ家の出身で、
世界に名だたるヴェネツィア水鳥騎士団の騎士団長を勤めている。
そちらが本業で、WMCのエージェントは副業のようなもの。
凄まじい剣の使い手でもあり、ローマ法皇から騎士として
最高位の証である『聖騎士(サント・キャバリエ)』の称号を与えられている。
また、『神の剣(スパーダ・デル・ディオ)』『虹のベアトリーチェ』などとも呼ばれる。

男物のベージュ色のスーツを身に纏い、ネクタイをつけた男装の麗人。
ネクタイには金色の天秤のブローチがつけてある。
中性的な顔立ち、化粧っけの無さ、180以上という長身も相俟って
彼女を知らない人間が見れば『長身の美青年』にしか見えない。
コードネームである『正義』が示すとおり、正義感が強く、曲がった事は許せない。
名家の出身であるという誇りと騎士道精神を重んじる性格であり、
戦いにおいても常に正々堂々と戦う事を旨としている。
大変な人格者で、周囲の尊敬を集める立派な人物だが
まともな分だけ響夜やラズロなどと組む時にはペースを乱されがちである。
愛称はリーチェ。

髪型は緑色の髪を首ぐらいまで伸ばしており、
前髪を真ん中で分けている。『るろうに剣心』の四乃森蒼紫と同じ髪型。


ウォルカヌスの神剣

ベアトリーチェ・ベルトリッチが使用する魔器(ウェポン)。
別名『虹の剣(スパーダ・デル・アルコバレーノ)』
ベルトリッチ家に代々伝わる秘剣である。
刃渡り80センチほどの両刃の騎士剣で
刀身には特殊な加工が施されているらしく、
光の反射を受けて、刀身が虹色に輝く世にも美しい魔器である。
特殊能力は、大気中の熱を吸収し、それを熱のウェーブとして放出するというもの。
放たれた光の波は異常な熱量を持っており、鋼鉄の塊ですらやすやすと溶かしてしまう。
光の関係上、発射された熱線は七色に輝き、空に伸びる虹を思わせる。
そのため、ウォルカヌスから放たれる高熱ウェーブは『炎の虹(アルコバレーノ・デラ・フィアマ)』の別名で呼ばれる。
比類無き攻撃力を誇る『炎の虹』だが、あまり大出力で放射すると、
刀身に集まった熱が一気に失われてしまい、
再び熱を吸収するのに時間がかかるという欠点がある。
素材は『虹晶石(レインボーストーン)』。秘めたる魔性は『火』。

<術技>

炎の虹(アルコバレーノ・デラ・フィアマ)

『ウォルカヌスの神剣』から放たれる虹色の高熱ウェーブ。
単に虹(アルコバレーノ)と呼称されることも。

朱の衝撃(エフェット・ディ・ロッソ)

赤い熱光を纏って打ち出す強烈な突き。

翠の閃光(スキンティラ・ディ・ヴェルデ)

剣から緑色の光を放ちながら敵を斬る。

蒼の奔流(フルッソ・ディ・ブル)

流れるような動きと共に繰り出す蒼光の刃。

剱舞(バッロ・デラ・スパーダ)

無数の剣技を織り交ぜて放つ連続剣。

裁断する女神の天秤(エキリブリオ・デル・ユスティティア)

正義を司る女神が持つとされる、天秤の形(十二星座におけるてんびん座のマーク)の軌跡を描いて放つ、ベアトリーチェの必殺剣。
技発動時には、バックに天秤と剣を携えた女神の姿が現れる。

○虹翼織り成す霊鳥(フェニーチェ・ディ・アルコバレーノ)

『ウォルカヌスの神剣』の力を完全解放し、
炎で虹色の不死鳥を形作り、敵を焼き尽くす大技。
 
○剣聖の境地(エストレーモ・ディ・キャバリエ)

あらゆる雑念を抹消し、ただ敵を討ち滅ぼすことのみに特化した無念無想の境地。
騎士にとっての理想の精神状態であるが、
ただ無心になろうとするだけでは達することはできず、
己が理想を実現させる強い意志で雑念をねじ伏せ、

同時にその意志を剣と同化させることが必要となる。


<ヴェネツィア水鳥騎士団>

ベアトリーチェ・ベルトリッチが騎士団長を勤める、
長い歴史を持つイタリア屈強の国家騎士団。
国内・およびヨーロッパ圏内の大規模犯罪やテロ活動の鎮圧という、
特務警察のような役割を果たしている。
武芸に優れたエリートのみで構成され、
どんな危険な任務に対しても勇猛果敢に挑んで行く姿は
ファンタジーに出てくる騎士団そのものであり、
ヨーロッパはむろんのこと、全世界の国民に人気がある。
WMC
とは協力体制をとっており、団長のベアトリーチェは
WMC
の上級エージェント『正義(ジャスティス)』を兼任している。
団の紋章(エンブレム)は、団名の通り、羽ばたく水鳥である。
 

 

 

【ネタバレ情報】

 

ドルチェツァ戦では、セルデンと剣を交え、真のラーンを撃破する。
アトランティス戦後は、WMCが敵に回る衝撃の事態に困惑し、
彼らに加担していた事を悔いるも、
人々の平和を守る騎士としての使命を果たすため、WMCに立ち向かう。
最終決戦では因縁の相手であるスカリアと交戦。
己の精神を殺し、完全なる剣と化す『剣聖の境地』に至り、

彼女に引導を渡す。

 

戦後はWMCに代わる新たな平和維持組織の設立に尽力し、後進の育成にも力を入れる。
75年後、99歳になった彼女の前に、響夜とバラティエ教授らしき人物が現れたところで、この物語は完結する。

生涯独身を貫き、世界の平和に貢献し、彼女の弟子からは数多くの英雄が生まれた。