メリアム=アンダーソン 

 

性別:女
年齢:不明(20代前半?)
所属:WMC
コード:No『運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン)』
ICV
:岡本麻弥

ワイズマンクラブのアルカナ・フォースの一人。
No
『運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン)』。
ライトグリーンに輝く長髪に、赤い縁をした眼鏡をつけ、
白衣を纏った女科学者。博士号を持っている。
聡明であり、優しい性格の女性。
前線に出ることはほとんど無く、WMC本部で研究事業などを行うのが主な仕事である。

記録では、WMC設立時から在籍しているが、見た目の年齢は全く変わっていない。
それもそのはず。
その正体は、ワイズマン家によって造られた自動人形(オートマータ)であり、人間ではない。
人工知能には魔書(グリモア)『フォルトゥナ』を用いており、人間のように思考し自律して行動できる。
その頭脳は、WMC本部にあるメインコンピューター魔器『運命の車輪(ホウィール・オブ・フォーチュン)』と直結しており、
世界中から集めた情報をリアルタイムで引き出すことが出来る。
アルカナ・フォース『運命の車輪』は、本来彼女ではなく親となるメインコンピューターに与えられた称号である。
ワイズマン家に遣える自動人形として、
ギデオン・ワイズマンの養育に当たっており、彼とは親子のような関係を築いている。
WMC
の仕事においても、データベースおよび参謀として、ギデオンをサポートしている。

 

 

【ネタバレ情報】

 
彼女もまたWMCの真実を知る者であり、
情報操作によってWMCとドルチェツァの双方を操るのに協力してきた。
『元老院』のメンバーであり、実質的にはギデオンより上の存在。
ギデオン・ワイズマンは彼女が作り出したホムンクルスであり、
ある意味ではギデオンの本当の母親とも言える。
だが・・・・・・・・・

 

さらなるネタバレ情報