ギデオン=ワイズマン

 
性別:男
年齢:24
国籍:スイス
所属:WMC
使用武器:魔書『エメラルド・タブレット』、魔器『メルクリウスの宝杖』
コード:No『魔術師(マジシャン)』
ICV
:宮田幸季

ワイズマンクラブに所属するアルカナ・フォースの一人で、No『魔術師(マジシャン)』。
アルカナ・フォースの中でも2名だけいる指揮官クラスの人間で、
世界に散らばる上級エージェント達には彼が指令を下している。
響夜や麻耶たちの、直属の上司にあたる。
また、WMCの活動方針を決定する最高幹部会『委員会』のメンバーでもある。

公的は、50代ぐらいの中年男性で通しているが、
実はそれはホログラフと偽情報であり、その正体は若干24歳の青年。
WMC
の創立者ヘンリー・ワイズマン卿の実の息子であり、
ヘンリー卿が晩年の時の子供で、父とは70以上も歳が離れていた。
一般には正体を隠しているが、
もちろんWMCの主要関係者(上層部とアルカナ・フォース)は皆知っている。

ベージュ色のスーツに同色のソフト帽を被ったひょろりとした体格の青年。
髪はこげ茶色で、耳にかかる程度に纏めている。顔はそこそこ美形(と自分で思っている)。
性格は軽くて人懐っこく、おちゃらけた言動が目立つ。
女の子好きで、好みは『眼鏡っ子』らしい(ぉ
よくお忍びで街に繰り出しては、女の子を引っ掛けていたりする(正体を一般に隠しているのはそのためという説も・・・
降矢木響夜とは古くからの知り合い(ギデオン曰く親友)で、
組織では上司と部下だが、プライヴェートでは友人のように対等な口を聞く。
メリアム・アンダーソンは育ての親であり、公私ともに付き合いは長い。

しかし、いかにも『WMCらしく』、性格の割に高い実力を持つ。
魔術師の名家ワイズマン家においても、不世出の天才と呼ばれ、魔術・錬金術に長け、
ワイズマン家に伝わる魔書(グリモア)『エメラルド・タブレット』を使いこなす。

若さゆえに、魔術の常識や伝統に囚われず、
10
代の頃から新しい考えをWMCに導入し、その都度発展させてきた。
また、例えどんな出自でも、戦力となるならWMCに積極的に取り入れようとする。
ラズロ・コルテッサやオーレリー・エルランジェらをスカウトしたのは彼。
その後、彼らが目覚しい戦果を挙げ、WMCの主力と見なされている事から、
ギデオンの見る目は正しかったと証明された。
知将としても知られ、テロ組織や異星人との戦闘でも、柔軟な発想からなる策略を用いて勝利を収めてきた。

影武者が何人かおり、平時の業務は彼らが分担して担当している。
ギデオン本人が表に出るのは委員会や、国家規模の重大な事件が起こった場合に限られる。
タカ派のハイデッガーと異なり、穏健派として知られるが、
感情と任務の線引きはわきまえており、戦わねばならぬとわかれば非情に徹する。
『ヘルメス・トリス・メギストス』の一人として数えられるが、
彼がヘルメスを意味する『魔術師』のアルカナを持つ事から、彼一人を指してそう呼ばれることも。


○エメラルド・タブレット

ギデオン・ワイズマンが使用する魔書(グリモア)
見た目は数十ページほどの薄いノートで、表紙には豪奢な装丁が施されている。
中には、剣、杯、杖、硬貨の、『小アルカナ』のカードが封入されている。
それらのカードは魔書の一部である護符であり、パラケルススの四大精霊の力が宿っている。
剣=風、杯=水、杖=炎、硬貨=地。
使用方法は、護符を取り出して魔力を込めればよいため、魔術の発動時間を限りなく短縮できる。
カードには魔術によってレベルが存在し、
キング>クィーン>エース(1)>ナイト>ページ>10>・・・>432
となっている。威力が大きければ消費も大きい。


○エース・オブ・ワンド

炎属性魔術レベルA。大型の火球を生み出し、敵を焼き尽くす。

○ナイト・オブ・ペンタクル

地属性魔術レベルKN。騎士が放つ槍のように、無数の土槍を噴出させ、敵を串刺しにする。
 
○キング・オブ・ワンド
 
炎属性魔術レベルK。自分の体を遙かに上回る大きさの火球を生み出し、広範囲を巻き込んで焼き払う。
 
 
○メルクリウスの宝杖
 
ギデオン・ワイズマンが使用するもう一つの魔器。
先端部にエメラルドを宿した、光り輝く黄金の杖。
最古の魔器『古代魔器(エンシェントウェポン)』の一つ。
その特性は、魔術の記憶と継承にあり、
通常の魔器は使用者が引き出せるだけの力しか発揮できないが、
この魔器は別の使用者に移った後も、前の使用者が行使した術式の記憶が残されており、
現在の使用者はその術を全て使用できる。
ゆえに世代を重ねれば重ねるほど、使える魔術の数は増えていく。
ワイズマン家で受け継がれてきた数多の術式がデータとして組み込まれており、

これを手にした者は歴代ワイズマンが極めてきた魔術や錬金術の全てが扱える。

 

ネタバレ情報