※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスター(GM)

 

性別 不明
年齢 不明
搭乗機

所属

ICV 高橋 美香子
イメージカラー
アイカラー 不明
登場作品 Le rêve qui se termine

 

元凶なるモノ。
このたびの戦いのシステムを作り上げた存在。
死の化身。
「理想郷の実現」を目的とし、イリーガルレンズとウィアートルのシステムを用いて、理想の収束、淘汰による「万象とっての幸福」の世界を目指したモノの成れの果て。
一度目の世界を構築、それが崩壊した時点で夢の世界と共に滅びるはずであったが、恐るべき妄執の念によって、死して尚その存在を維持してきた。
最早初期の頃の意思は失われ、只世界創生の為のシステムをまわし続けるだけの存在。
意思疎通すら不可能な、物言わぬ骸。
理想郷実現のためのシステムを動かしていてこそすれ、それは最早単なる作業の繰り返しに過ぎず、中身は既に死に逝く夢の世界の権化、生者を嫉み、全ての世界を死で塗りつぶさんとする死の具現と化している。
人類とは次元が一桁違う存在であり、堕ちて尚、その力は健在。
寧ろ生者に対する憎悪の念により、神をも凌ぐ『死』そのものと化している。