※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガウルガンダ戦争

 

十ニ年前<ソニアス>と<ジャグヴィーン>間において島全体を舞台に勃発した戦争。
互いに国の軍事力の全てを投入したと言われている。
原因は、両国間での領地の奪い合いや意見の対立など。
しかし、元々経済の発展が乏しかった為か、半年もしない内に互いに軍事力が底をついてしまう。
そのため軍人だけでなく、民間人(老若男女問わず)が駆り出されている。
また、この惨事を見かねた連合軍は停戦を呼びかけるも、最後まで聞き入れてもらえず、結局第三勢力としてこの戦争に加わっている。
勃発から一年、戦局は連合軍優勢に終わり、互いの国同士で停戦協定が結ばれる。
その際、二つの島を連合が統一する事を決め、<ガウルガンダ>と名付けられた。
余談だが、この戦時中に未確認兵器がいくつか確認されたらしい。