※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

機体名:ソウルセイヴァー
搭乗者:如月 天
全長/重量:17.82m/69.86t
機体色:群青/白

如月天の兄である如月翔の乗機だったものを改修した機体。
特徴は、背に装備されている12本の無線遠隔制御攻撃剣ユニット《AMATSU》。
基本は量産機と同様の構成になっているのだが、《AMATSU》の使用条件の厳しさから、かなり癖のある機体となっている。

  • 武装
マシンキャノン×2
ビームサーベル×2
ビームライフル×1
アンチビームシールド×1
AMATSU×1

壱式/千光刃
12本の剣での遠隔攻撃。

弐式/千華煉刹刃
千光刃の真っ只中に飛び込み追加斬撃を加える。

参式/封闇破光陣
周囲の屈折率を変化させ、相手を幻惑した状態での斬撃。

肆式/裂空風刃閃
超感覚状態での居合い斬り。

伍式/氷翔炎龍牙
炎を纏わせた剣と氷を纏わせた剣の二刀流攻撃。

陸式/虚空破砕剣
解析して判明した自壊振動を叩き込む斬撃。

柒式/絶破銀影閃
幻影を発生させて、無数の斬撃を放つ。

零式/万象乃剣
ありとあらゆる可能性の中から、最善の一手を選び続ける攻撃。

後継機はこちら