イズリヤ=バルゴ=綿貫(IZURIYA=BALG=WATANUKI)

 

性別
年齢 31
搭乗機

なし

所属 ナイトストーカー
ICV 上田 祐司
イメージカラー 灰色
アイカラー アンバー
登場作品 FAITH

※以下スーパーロボット大戦SAGAにおける設定。 

『ナイトストーカー』に所属する研究員。
幾つもの博士号を持つ若き天才として、引く手数多な優秀な研究者であり開発者。
『ゴーレム』研究の第一人者でもあり、『パペット』開発計画の中核を担う人物。
陽気で面倒見が良く、聞き上手で年若い者達の良き相談役でもある。
ルシアとは古馴染みらしく、彼女のパートーナーを気取っている節がある。
また、なつきの名目上の保護者でもあり、素性の知れない彼女(?)が聖華高校に通っていられるのは彼の存在による所が大きい。
クロウリーとはロストテクノロジー研究機関にいた頃からの知り合いだが、別段親しい訳でも互いの研究に興味がある訳でも無く、彼との関係はくまでギブ&テイク的なもの。
 
綿貫の持論に『事象の淘汰』というものがある。
自然界の淘汰と同じく、事象即ち物事にも優劣必要不必要に応じて残っていくものと滅んでいくものがあるという理屈。
政治、倫理、道徳、宗教といった価値観などはその良い例であり、当時重要であった筈の法律や考え方でも、時代を経るにつれ、変化し、削除された例は幾らでもある。
物事が忘れ去られるのは。それが必要で無くなったからであり、必要であるべきことは、時代が変わろうと、文明や社会が滅ぼうと、必ず残っていくものであるとする説。
この点過去の威光にすがるクロウリーとは対極であり、両者は道を分かつ事となる。
 
・綿貫の今後
 
オブザーバーとして、様々な事柄に対して博識な意見を出す。
ナイトストーカー分裂後は、反クロウリー派のリーダーとして皆を取りまとめる。
クロウリーに半壊させられたなつきを修理がてら、仲間達にそれまで隠していたなつきの秘密を明かす。
時の迷宮決戦後、その戦いを己の死に場所としたルシアを勝手に修繕。
最後までマイペースを崩さないままで、彼女に自分の思いを告げ、共に生きていく事を誓う。