カンナ=ライネックス(KANNA=RAINEX)

 

性別
年齢 17
搭乗機

フェアリー

所属 ナイトストーカー
ICV 田中 理恵
イメージカラー グリーン
アイカラー ブラック
登場作品 FAITH

※以下スーパーロボット大戦SAGAにおける設定。 

『ナイトストーカー』のメンバーの一人。
今は亡き父がロストテクノロジー研究機関の一員であり、組織の中でも一際使命感が強い。
その性か、生粋のゴーレム使いでありながら、その使命感の希薄ななつきとは折り合いが悪い。
反面、正義感も人一倍強い為、手段を選ばない組織のやり方に疑問を感じる事も多い様子。
性格は礼儀正しいがプライドが高くかなりきつめで周りから誤解され易い。
根は素直な所もあるだけに、その性格の性で損をしている部分がある。
『ラクラレッシュの悲劇』(当時彼女はまだ学院の生徒ではなかったが)の事件で両親を亡くしており、その時の事で何らかの確執があるのか、ルシアに対しする彼女の目は厳しい。
一応『パペットマスター』の資格も有しているが、適応力が低い為前線に出る事は少ない。

・カンナの今後
 
極東支部にて事務を担当。
かなり厳しく、強引なやり方で極東支部の面々とは摩擦を起こす。
ナイトストーカー分裂後はクロウリー派に付く。
カンナは『ラクラレッシュの悲劇』の悲劇の際、シェンレンらと共にルシアに助けられているが、彼女の両親はヴァンパイアウィルスに犯され、凶暴化したところをルシアに葬られている。
対応の遅れた連合の判断と合わせて、ルシアに対する敵愾心と対抗心が強く、それが彼女をルシアと袂を分かつ原因となる。
シェンレン、ガンプらと共にフェアリーに乗り込みルシアに戦いを挑むが、まるで力及ばずあっさりと撃破される。
その後は、ルシアに対する恨みは逆恨みである事を理解していながら、それでも割り切れずに自分なりの答えを出しに旅に出る。