※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヘラクレスパイソン

パイロット ゼド=グロリアス
形式 メーザーストライカー

 

マイケル・アストラードが開発した新型メーザーストライカー。
次世代MSK『ネクサスシリーズ』の一機。
メーザードライブエンジンの進化系である、
NEXUS・DRIVEを搭載している。
金色のボディカラーに、ヘラクレスオオカブトの角を思わせるヘッドパーツ『ゴルドホーン』が特徴的な機体である。
スタッグパイソン同様、ゼドが得意とする格闘戦を主体とした機体になっている。
ハイドランジアキャットとは違い、完全新型ではなく、
前機体のスタッグパイソンのエンジン部を取替え、改造を加えたカスタマイズ機である。

<特殊能力>

メーザーフィールド
NEXUS・DRIVE解放

<武装>

○頭部ビームキャノン

○ブラスターフィスト

拳にエネルギー派をまとって放つパンチ。エネルギーを飛ばすこともできる。

○ガトリングフィスト

腕部ガントレットに内蔵されたガトリング砲

○ゴルドクラッシャー

頭部パーツであるゴルドホーンを左手に装備し、NEXUS・DRIVEを全開にして左手にエネルギーを集中、黄金に輝く腕で敵を貫く。通称『黄金の左腕』

○スカイハイアッパー

右拳のアッパーで敵を天高く打ち上げた後、
自らも高く飛びあがりゴルドホーンを装備した左手で
アッパー版のゴルドクラッシャーを放ち、上空の敵を貫く。