※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

蜀 軍師


 

諸葛亮/孔明

 

不老年齢:24歳

武器:羽扇

ICV:雪野五月
 
一人称は『私』。
背中まで伸ばした長い黒髪、紫色のドレスと見た目は名家の貴婦人である。
喋り方は男のような事も女のような事もあるし、「ですわ」口調な時もある。
胸は時によってあったり無かったりする。
男なのか女なのか、それとも両性具有の存在なのか。詳細は決して明かそうとはしない。
羽のついた扇を常に手にしており、よく口許に当てるポーズを取る。
普段は貴婦人姿だが、外交の場ではたちまち白いスーツを着用した美男子に変わる。
『三顧の礼』で劉備の下に来た天才軍師。
それまではずっと山の庵に引きこもり、
山の精霊を利用した精霊インターネット、精霊ネトゲに明け暮れる日々を送っていた。
その頭脳と才覚は、劣勢の極みにあった劉備軍を盛り立てていく。
劉備には『人間の可能性を見極める』為に協力しているなど、
人間では無いかのような発言も多い。
実際、扇を振るう事で天候を操る摩訶不思議な術も体得している。
司馬懿とは同じ師の下で術を学んだ同門。
劉備に協力する一方で、彼の神になろうとする野心を阻止しようと独自に動いている。

 

「何だか今日はやる気が出ないのよ。明日になったらきっと大丈夫よ。明日からにしましょ」

「うふふ・・・これだから人間は興味深いわ。

不可能と思える事なんて、簡単に引っくり返しちゃうんだから」

「性は諸葛、名は亮、字は孔明と申します。兄がお世話になっているようで・・・」

「神になりたいなんて、まだそんなくだらない企みを止めないの?

先生が、命を捨ててでも止めようとしたのに!!」

 

 

徐庶/元直

 

不老年齢:21歳

ICV:柿崎徹也
 
諸葛亮の弟子で、術や学問を学びながら身の回りの世話などをしている書生。
真面目な性格で、戦乱の続く世を憂い、
自分たちも乱世の平定のために力を尽くさねばならぬと考えている。
それでいて、山の庵に引きこもったまま全く動こうとしない
師・孔明には苛立ちを募らせている。
劉備の器量にほれ込み、師と劉備を引き合わせようとする。
一見善良な好青年であるが、自分の望む正義でなければ気が済まない、
理想と現実のギャップに対して怒り狂うなど自分勝手な一面を見せる事も。
劉備や諸葛亮にも当初は期待を抱いていたが、苦戦が続くにつれ失望の念を強める。
長坂の戦いを期に、脱落したところを司馬懿に拾われ、
以後司馬懿の弟子として彼の片腕となる。
司馬懿の言葉によって劉備たちへの恨みを増幅され、
我執はさらに激しさを増し、劉備と諸葛亮への

復讐のみを目的に生きる狂気の復讐鬼と化す。

 

「外の世界では、民草が乱世に喘いでいるのに・・・

力がありながら、何もしようとしないのは間違っている!」

「劉備様こそ、この汚れた世界で、本当の正義をもたらす事のできるお方です!!」

「違うっ!こんなものは!私の求めていた正義じゃない!!」

「クヒャハハハハハハ!!玄徳ぅ!孔明ぇ!!

お前らの歪んだ正義は俺が潰す!!

俺こそが真の正義だ!!俺だけが正義なんだぁ!!」

 

 

法正/孝直

 

不老年齢:16歳
武器:杖、絵札
ICV:宮野真守
 
一人称は『僕』。蜀入り後に加入した軍師。
短く切った黒髪、黒いシルクハットにスーツ、マントを
着用した奇術師風の美少年。
52枚の絵札を持っており、それには三国時代の武将達が
魏、呉、蜀、群雄の4組に分かれて描かれている(三国志トランプ)
元は益州の劉璋の配下で、この乱世で存分に己の智謀を発揮したいと願っていた。
しかし、戦う気の無い劉璋に見切りをつけ、
劉備を益州に招き入れ、益州を乗っ取らせる事に成功する。
軍略面では諸葛亮に勝るとも劣らぬ天才で、
天下統一への明確なプランも持っていた。
己の智謀を誇るが故に他人を見下す傾向があり、

劉備の前では好青年を気取っているが、他の者に対しては嫌味のある言動が多い。

 

「僕に任せてくだされば、劉備様をたちまち天下人にして差し上げましょう。

僕にはそれが出来るんです。だって魔法使いですから」

「無知を恥じる事はありません。ただ単に、僕の才能が凄すぎるだけなんです」

「さぁて!!この戦いを勝利に導く魔術を披露しましょう!!」