※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赤霧伊空 あかぎり・いそら

性別
年齢 16歳
所属 赤霧斗賊団
ICV 鈴村健一
登場作品 巷説修羅剣客伝

 

主人公の片割れ。
その身に妖怪の血を引く半妖の一族・・・『赤霧一族』の末弟。
赤霧一族は、頭髪は赤系統、瞳は青系統の色に染まる傾向があるが、
彼は一族の中でも特に強く妖怪の血を引いており、純粋な赤色の髪と、純粋な青色の瞳を持つ。
争いに生き、戦いを生業として生きる戦斗集団『赤霧斗賊団』の一員である。
性格は極めて軽薄で、享楽的。
楽しければそれでいいと言う性格で、信念や義侠心といった堅苦しい感情は持ち合わせていない。
自他共に認める西洋かぶれであり、
西洋の黒いスーツを着崩し、南蛮渡来のアクセサリーを身につけている。
異国の言葉を介し、また西洋の音楽を愛する(特にロック
常に野に放たれた獣のごとく、何かに縛られる生活を嫌い、
斗賊団の活動にも進んで協力する事はあまりない。
普段は家族とも離れて暮らし、独自に依頼を受けて動く事が多い。
それでいて、内には激しい闘争本能と殺人衝動を秘めており、
一度火が付くと相手を切り刻むまで収まらないタイプ。
得物は二本の短刀で、初期は匕首などを使っていたが、
今は密輸で手に入れた西洋のダガーナイフを愛用している。
短刀を構える時は、片方を順手で、もう片方を逆手でそれぞれ持つのが特徴。
長らく生きていく意味を持たなかったが、
用心棒の剣士・最上虚蝉と出逢った事で、彼に対し強い執着を抱き、
再び殺し合いたいと渇望するようになる。
ただし、それは憎しみよりも歓喜に近く、関係ない場所ではフレンドリーに接する。

 

「んんん~~~っ・・・やべ、勢いで殺っちまった。
 腕斬るだけで十分だったのになぁ~悪い悪い♪」

 

「ヤバイなぁ・・・どうも俺ぁ・・・あんたにメロメロになっちまったみたいだ」