夜天蛾 皇鬼(やてんが・おうき)

 

性別
年齢 29
武器 蛮刀『骸』
搭乗機 ノスフェラトゥ、ゼツオーガ
所属 夜天蛾公爵家、グール・レギオン
ICV 小杉十郎太

 

統一国連軍の特殊部隊『グール・レギオン』隊長。階級は大佐。
夜天蛾一族の一員であり、グール・レギオン設立者・夜天蛾霊道の息子である。
黒と白が混じった髪をライオンのたてがみのようにしており、
右目には眼帯を装着している。
服装はヘヴィメタバンドが身につけるような黒い皮のスーツに、
同じく黒いマントを羽織っている。顔は年に比べると若干老け気味。
性格は父親に似て威圧的。『弱い者から死ぬのが戦場の掟』とよく口にしており、
使えないと判断すればたとえ味方であろうと容赦無く切り捨てる。
傲岸不遜な態度の持ち主だが、パイロットとしての技量は超一流。
並みの強化兵士が束になってかかっても全く相手にならない。
過去幾度となく起こった戦争で数多くの軍功を上げ、その名を轟かせた。
生身でも化け物じみた実力者で、
その戦闘力はサイボーグやガンダムファイターに匹敵する。

愛刀は蛮刀『骸(がい)』。
また、『戦(いくさ)』『下郎』『凡夫』など、妙に時代がかった言葉遣いをするのも特徴。
外見上のイメージは「魁!男塾」の大豪院邪鬼(え

 

公爵家の跡取りの地位を約束されているが、
皇鬼は一人の武人として父・霊道を乗り越えたいという強い意志を抱いている。
皇鬼にとって父は、幼少期より決して超える事のできない高い壁だった。
そんな父を尊敬しており、思想も父の影響を強く受けているが、
最強を求める飽くなき向上心も受け継いだ。
より強い相手を求めて戦場を駆けるのも、全ては父を超える力を得るためである。