※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シンフォニア

「プレイヤー」と「シンガー」二人が搭乗することで真価を発揮するロボット。
全長は13m程。
動かすだけならばプレイヤーだけでも可能だが、能力が著しく制限される。
歌の持つあらゆる力を増幅することをコンセプトに開発されており、
シンガー次第では、歌で心を掌握することも可能である。
スコア粒子という特殊な粒子を機体から放出することで、通常、「音」が伝わらない空間でも粒子を通して伝えることが可能となる。
シンガーの歌でエネルギー上昇率が変化する「メロディマルチジェネレーター」が搭載されており、
歌の種類によってパワータイプやスピードタイプなど柔軟な性能変化が可能となる。
現存で二体開発されたが、性能差はなく全てシンガーの
歌唱力、歌にこめられた気持ちなどが機体の「総合的な強さ」となる。
シンガー側で操作しない限り、外部には歌が漏れることはない。
つまり、歌を外に送り、対象をコントロールしようと思えばシンガーの操作が必要となる。
開発者のプロフェッサー・ソングはこれで歌の持つ癒しの効果を増幅し、
戦闘意欲を低下させ抗争を終わらせようとしていた。
また同型機と区別するためシンガーの名前をペットネームに呼ぶこともある。

例:シンフォニア・○○