メシア

形式 バトルトルーパー 特別機
全高 45m
重量
武装
  • クライシスナックル
  • ソードテイル
  • ソードウイング
  • ブラックホールバスター
特殊装置 クロス・システム

八神マリアが覚醒者に目覚め、その能力が悪用されぬよう、マリアの父親、八神光輔が開発、製造した機体。

別名「護る剣」

REIに授けられ、以来、REIの愛機となっている。

全体的に黒いカラーリングで統一されており、力強い印象を受ける翼と尾を持つ。脚部の爪先には二本のするどいナイフが装備されている。

格闘戦に特化しており、パワーにかけてはパワー型の精霊機兵にも匹敵する。

「クロス・システム」はメシアの頭部、胸部、胴部、腰部、腕部、脚部、尾部が分離し、各部が鎧のような形に変形し、精霊機兵に装着されるという、精霊機兵強化システムである。

その際、ソードウイングとソードテイルが合体して精霊機兵の剣となる。

なお、このシステムに対応している精霊機兵は現在、マリアの精霊機兵のみだが、理論上は全ての精霊機兵に装着可能である。


武装

 

クライシスナックル

手首部分を銃弾のように飛ばして対象を攻撃する。

自動誘導で発射後は必ず戻るようになっている。

ソードテイル

メシアの尾。
先端が剣となっており、凄まじい切れ味を持つ。

クロス・システム後は精霊機兵の剣の一部となる。

ソードウイング

メシアの翼になっている巨大な剣。 メシアに飛行能力を与えている。

クロス・システム後は精霊機兵の剣の一部となる。

ブラックホールバスター

胸のハッチを開き発射される人口の小型ブラックホール。
30秒間発生、その後、消滅してしまう。
ダメージを与えるのではなく、相手をそのブラックホールに吸い込ませ消滅させる。
あまりにも強力で味方や自分をも巻き込む可能性ある危険な兵器。


 


グラビティマグナム

手に重力を発生させ、対象を引きつけながら放つ拳打。Gが強いほど強力で、回避がしにくくなる。

GOD・CRISIS(ゴッド・クライシス)

凄まじいパワーを誇るメシアの内部エネルギーを右手に圧縮、凝縮させて放つ拳打。

衝突の際、そのエネルギーを爆発させ、対象を破壊する。