開闢巨神(かいびゃくきょしん)ユミル


パイロット:ユーゼス・ゴッツォ

アースクレイドルが変形した最終戦闘形態。
白いドームの意匠を残した全長1000mを越える超巨大な人型で、
腰から下が地面と接続された上半身のみの姿をしている。
全体のデザインや頭部の形状ははスレードゲルミル(グルンガスト)に似ており、
武装もグルンガスト系列をベースにしている。

ターンXの目覚めに呼応して、アウルゲルミルの
システム・メイガスの最終ロックが解除されたことにより誕生した。
アースクレイドルそのものを変形させた最終防衛機構にして、
これ自体が巨大な次元歪曲装置でもある。

頭部から次元震動波を放ち、月光蝶によって散布されたナノマシンと共振、
最終的には太陽系全土に渡って大規模な次元震動を発生させ、
異世界を分かつ境界を破壊する。

ミサイルにビーム砲とその巨体の各部には無数の兵装が内蔵されており、
内部のプラントでは常時量産機が製造され続けている。
マシンセルによる自己修復も可能で、堅牢な装甲と相まって圧倒的な耐久度を誇る。
何よりその巨体こそが最大の武器であり、
ただ腕を振るだけで戦艦を蚊トンボのように叩き落とす。

超古代文明の産物故、その建造過程や目的には謎が多いが、
世界に危機が訪れた際、アースクレイドルの中の情報……
黒歴史の叡智を守護することを目的として、この形態が存在すると思われる。

BGMは「眠れ、地の底に」


<特殊能力>

HP回復(小)
歪曲フィールド

<武装>

アース・デモリッション(マップ兵器):全周囲に向けて全身の武装を一斉発射する。その破壊力は空を割り、大地を砕く。
ミリオン・スレイブ:機体各部のハッチを開き、無数の量産型ベルゲルミルを発進させ、一斉攻撃を仕掛ける。
ギガ・ブーストナックル:左右の五指からレーザーを発射後、拳を握り、目標に向けて射出する。
ガイア・セイバー:額からレーザーを放ち、正面の地面に一直線の亀裂を刻む。
 地中に格納していたユミルと同サイズの大剣を抜き放ち、周囲の敵すべてを薙ぎ払う。