「まさか、こいつの出番があるとはね」
「また、姫さんの気まぐれだろ?」
「ふっ、姫のわがままに応えるのも騎士の務めだよ」

「はてさて・・・私の期待に応えてくれると嬉しいのだが・・・」