ブレードゼファー・エクス

形式 第三世代型アーマードウォーリアゼファーシリーズ
全長 11.4
重量
武装 ・ゼファーブレード
特殊装置 ・ハーメルシステム

ブレードゼファーの基本装備を全てオミットし、二つのDジェネレータを組み込んだ剣。通称、「ゼファーブレード」装備させただけの完全白兵戦闘仕様。
剣自体が相当な重量のため、マニュピレーターの損耗を少しでも軽減するため、強襲型で使用したバーサーカーメイルの一部を腕、足、ブースター等に取りつけて補助している。

備考:エクスとは、未知数を表す。エックスをもじってつけられたもの。


武装


  • ゼファーブレード

刀身に二つのDジェネレータを組み込んだ実剣。
重さだけでも相当なものなので、並の量産機程度ならばその重量だけで「叩きつぶせる」。

リミットⅠ解放。
実剣の周囲にDエネルギーを纏った巨剣と化す。※Dソードの応用とも言われている。

リミットⅡ解放。
SSブレード並の出力とDソードの安定性併せ持つ強力な剣と化す。
それゆえ、自身の意志で刀身(Dエネルギー)を曲げたり、対象を追尾させたりすることも可能である。これはウラノスのカラミティブレードを参照にしている。

リミットⅢ解放。
ゼファーブレードにある二つのDジェネレータとブレードゼファーのDジェネレータを最大出力させた時に発動可能。
理論上は、地上から衛星軌道上まで刀身を伸ばすことが可能であり、極太の剣を作りだすことができる。

リミットFINAL解放。
ハ―メルシステム?発動時のみ可能。
本来は、このためだけに造られた剣。アンフィニの力で次元や時空を斬り裂き、あらゆる世界へ遡行する。


マニューバー


スター・オブ・クラージュ

幻剣を対象に向けて勢いよく振り下ろして放たれる強力なエネルギー遠距離切断技。
対象者にはまるで流れ星が迫ってくるかのように見える。
リミットⅠの時点で仕様可能。